私に何の関係があるというのだ 

What's That Got To Do With Me? イギリスの動物福祉

人生は郵便屋さんを追いかけまわす以上に面白いことがたくさんある

finaly.jpg


「父をアルセーションに、母をスタフォードシャー・ブルテリアに持つバスターは
1995年ロイ・ハッタスリーのもとに移り住んだ。ずっとの家だ。クリスマスだけのものじゃない。

動物レスキュー・センターから出たとたん、日記を書き始めることにした。
彼の興味のありどころは「匂いをかぐこと」「穴の中に頭を突っ込むこと」「食べること」
そして大切な主人を(誰か他の人が餌を与えるとその人が主人になるが)
意のままに操ろうとすることである。

誇りに思っていることは自分の姿と丈夫なこと、そして犬の哲学を実行すること。
ロンドンとダービーシャーと犬を受け入れるホテルの間を行ったり来たりしている。

バスターの日記は彼の文学的名声のために、
幸いにも彼のお抱え書記であるロイ・ハッタスリーの
ウイットとスタイルでまとめられることになる」

Buster's Diary As Told To Roy Hattersley より

images_20210626182107be8.jpg



雑種犬バスターがロンドンのセント・ジェームス公園で英国女王所有のガチョウに襲撃されたとき、
バスターがとった自己防衛手段は裁判で認められず(ガチョウは死亡)、
一緒に散歩をしていたハッタスリー卿とともに罰金75ポンドと犯罪歴が課せられてしまった。

物語はここから始まる。ニュースが一方的に報じられていることが、バスターには我慢ならず、
ジャーナリストであるハッタスリー卿に自分の思いを書かせ、
新聞に載せたのがこのバスターの日記である。

野良犬からレスキュー・センター、そしてロンドンの高級住宅地へと、
間と暮らし始めた雑種犬バスターはすべて交渉していかねばならぬ犬生活を語る。
しかし問題は24時間で消えてしまう彼の記憶力だ。

この本は動物飼育を語る真面目な動物心理学の本ではない。
きりきりとねじ巻いてしまった人たちへのねじ緩めの本である。
数々の経験や考察を経て、人間をコントロールする楽しみを獲得した犬の
ハッピーエンド・ストーリーなのだ。

「人生は郵便屋さんを追いかけまわす以上に面白いことがたくさんある」
ということを世の人々に納得させることに成功した本である。

アマゾン書評:ルーシー・ネイラー氏


街灯を愛でる老犬

Picture 1288
Hyde Park

米のネバダ・ヒューメイン・保護センターは
「普通より引き取り手が少ないけれどそれども愛らしい動物たち」
というタイトルでエッセイを募りました。

カテゴリーは4つ

「老犬老猫」
「あまりなつかない動物」
「アグレッシブな動物」
「特別なケアが必要な動物」

一位に輝いた人の作品をご紹介します。
星を見るように夜の街灯に魅入るジャックの姿が目に浮かびます。
老犬老猫は尊い。引き取る人たちも優しい人たち。

先住犬、ゴールデン・レトリーバーのエイデンの友達を探しに
ネバダ・ヒューメイン・ソサエティに行った。
帰りぎわ、年寄り犬の部屋がいくつかあるのに気がついた。
どんなものだろうと好奇心で覗いてみると、そこには11歳の黒いラブラドールがいた。
犬の茶色の瞳と私の茶色の目は合ったのだ。
その犬は、ゆっくりだが、目的をもった足取りで私のほうへ歩いてきた。
そして私の足に鼻をこすりつけた。彼のあごを優しく撫でると私に体重を預けてくる。
その瞬間、彼は私の魂に入りこみ、それ以来ずっとそこにいる。

ジャックを車の後部座席に乗せる。窓の外に鼻を突き出し、外の景色に見入っている。
彼のエッセンスである痛烈な可愛らしさというのはその時点から始まっていた。
最初の夜は用意したベッドに彼を乗せることができなかった。
足をこわばらせていた。柔らかいベッドという存在がわからなかったのだと気づく。

日々の散歩は壮観なものになった。エイデンは先頭を切って私をひっぱり、
ジャックは自分のペースでゆっくり私の後ろから歩いてくる。
私は腕を前と後ろに長く伸ばして歩かねばならない。

ジャックは夜の街灯に魅了され、しばしば立ち止まる。まるで人間が星をみるように。
夏のそよ風の中でこおろぎの音にびっくりし、耳はぴんとたち、立ち止まり頭を傾げる。

ジャックは毎日出会う事柄に新鮮に驚き、賞賛する。
その姿は美しく、彼は日々を楽しみ、成長していった。
年だから物事に興味がないだろうと思っていた私たちの考えは完全に覆された。
ハイキングに行くのをとても楽しみにしている。雪の中で遊ぶのも。
車に乗るのもとても喜ぶ。子供たちも大好きだ、
彼を知れば知るほど、どんなに多くのものをもらっているかわかる。
私たちがジャックにあてた言葉を読んでいただければ、そのことをわかっていただけると思う。

親愛なるジャック

私たちが一緒に過ごすダイヤモンドのような日々の中で、お前は本当に多くのことを教えてくれた。
お前にもらった幸せをどのように感謝すればいいかわからない。
私たちはみないずれ虹の橋へ渡るということは知っているが、そこは輝いていることだろう。

せかせか歩く必要はないと。走る時はもちろん耳をはためかせること。
夏は外にいるのが気持がいい。そして生きていくのが辛くなったときは踏ん張ること。
ハッピーなときは笑い、何がなくても私たちには愛がある。
そしていつも光の方を見るということ。
それをお前は私たちに教えてくれた。

無限の愛をこめて
エミリー、ダニーそしてシリーンより

Less Adoptable pet essay contest


25 July 2015 の記事再掲載


寝るときは夢を見る


ひよこへの愛情を示す事ができる
人間を個々に識別できる
30段階の警報を発することができる
寝るときは夢を見る
卵の時に既に子供とコンタクトができる
他の鳥と強い友情を結ぶことができる

放し飼いと謳うも17か月で殺される
それから3年も生きられるのに

卵産業があなたに知って欲しくない事柄


rooster-5748498__340.jpg





動物は選挙権はないけれど

DSC_2003.jpg


「苦しんでいる動物たちを何とかしようと必死になっている人たちを見て、
なぜ彼らがここまで心配しなきゃならないのかって思ったことありません?
政府がどうして何もしないのかと」

「どうしてでしょうか」

「動物は選挙権を持っていませんからね」

Paul Harvey


動物は投票はしないけれど、私たちはみな一票を持っています。
すべての生き物の命を大切にする政治家にぜひ貴重な一票を投じましょう。


犬が死ぬと飼い主は透明人間になる


IMG_9818 (Custom)
Holland Park


自然界における最強の残酷ストーリーのひとつに
「犬の命は人間のものよりずっとずっと短い」というものがある。

レポーターという私の職業柄、たびたび記事に登場する
愛犬ラッキーは読者に愛されたミニセレブだった。
僕たちのテーマソングだってあったのだ。
(アメリカツアーの非表示の料金に含まれていたボブとラッキーの歌)

で、その有名だったラッキーが次の旅行の直前に突然死んでしまった。

世界中のあちこちにいる読者の皆さんに
ジープの窓から顔を出すラッキーを
お見せすることはもはや不可能である旨を伝えなければならなかった。

犬が死ぬと100万のことがうまくいかなくなる。
ここにその一つをあげる。

「飼い主は透明人間になってしまう」

世界との関わりが根本的に変わってしまうのだ。
ペットを飼っている人はわかると思うが、
あなたは「だれだれの飼い主」として知られているだけである。
隣人は犬の名前は知っていても僕の名前はご存知ないだろう。
犬が突然いなくなり、僕も消えてしまう、というわけだ。

ラッキーと歩くときは終わりのないパーティー会場を巡っているようだった。
行きかう人みんな立ち止まって30分はおしゃべりをしていったなあ。
毎日10人くらい新しい友達が増えている感じだった。

今は仕事からまっすぐ空っぽなアパートに戻る。
歩く足取りも重く、筋肉の一つ一つが鈍い痛みを訴えてくる。
心臓のポンプが血液を押し出すのをやめたのかもしれない。

元気を振り絞って外出したときにも
もう人との交流がなくなってしまった事に気づく。
微笑みかけると奇妙な顔をして足早に去り去る。
30分間も犬のことでおしゃべりする人はいないよ。
パーティーは終わってしまった。

心理学者エリック・バーンの説

「私たちの一日は大小の人との交流で構築されている。
友人との挨拶から、他の車の運転手からの一瞥、
恋人たちのディープな愛の会話に至るまで、
ポジティブ、ネガティブもすべてひっくるめて。
人の幸せはこの交流の働きにより作用される。
一日のうちでどれだけポジティブな交流が積み上げられたかによる」

ポジティブな交流は水や食料が人間の肉体にとって必要なように、
精神面でも非常に重要だそうだ。
みなさんも数日間の人とのやりとりを記録してみるとよい。
バーン説が正しいと確信するはずである。

ラッキーが死んだときに私が感じたのは孤独だったのだろう。
現代は微笑を返すよりも携帯のメッセージのほうが重要なのだ。
よろいを着て本当の自分を見せないようにしなければならない。
犬はそんなときに微笑みを交わしたり、
会話を始めたりするきっかけになる存在であることを
誰も否定しないはずだ。

次の犬を迎えるタイミングはそれぞれである。
私は一年待った。一日一日が悲しかった日の記念日。
もう一度愛することができると思った。

犬を飼わない理由はたくさんあるだろう。
しかし犬を飼うことの素晴らしさは、
それらの理由をはるかに凌ぐもの。

これはどうだ。

「あなたは目に見えるようになる。
犬があなたをこの世に存在しているものにしてくれる」

新しい犬、ラスティは美しい。
アーバンレッドの毛並みで人の心を一瞬にして溶かす。
すれ違う人たちはその柔らかい頭をなでずにはいられない。
次に通りかかる人は「可愛いね。これは何の犬種ですか」と興味を示す。
そして微笑みや、ハローや、手を振ったり、握手や初めましてが交わされる。
ゴールデンレトリーバーは客をとりもつ世界のバーテンダーだそうだ。

仔犬が駆け寄ってきた。
そこへ二匹の犬をつれた飼い主がやってきて犬たちも遊ぶ。
おしゃべりをしている途中、小さい頃犬をなくした婦人がやってきて
犬たちをなでながら話しに加わる。
あ、パグをつれた老婦人が私たちをめがけてやってくる。
これは即席のカクテルパーティだ。
この瞬間瞬間が大好きだ、幸せで心がいっぱいになる。

ラッキーも天国からテニスボールを追いかける足をとめて、
この場面を喜んで見ているに違いない。

透明人間になっている皆さん、あるいは悲しみに沈んでいる皆さん、
アメリカでは毎年3,400万の犬猫が殺処分になっています。
あなたが救う命はあなたを救うかもしれない



lucky.jpg


Bob Sullivan
When my Lucky died

30 Oct 2018 記事再掲