FC2ブログ

私に何の関係があるというのだ 

What's That Got To Do With Me? イギリスの動物福祉

彼女は去っていったけれど

IMG_9777 (Custom)

どの街にも名物人物がいる。

英国のケイト・ウォードさんも例外ではない。
通称カンバリーのケイトは1979年に死去するその日まで
住民からよく知られ愛された人物である。

犬を愛する人であった。出会う犬を次から次へと保護した。
生涯に保護した数は600匹以上と言われる。
彼女は去っていったけれど、思い出と功績は世界中の人々の胸に永遠に残る。

1943年600ポンドでその後犬たちの保護の場所となる最初の家を買う。 
足を痛め、安楽死の運命にあったグレイハウンドを
家に連れ帰ったのが保護犬第一号であった。
その後犬の保護活動が始まるのだが、
出会った犬たちは一匹残らず保護したと胸を張る。

隣人たちが作ってくれた緑の木車をひいて、毎日犬たちと一緒に出掛ける。
寄付を集めたり、自分と犬が一緒に映ったハガキを売って歩いた。
それだけでなくカートのもうひとつの大切な役割があった。
帰りみちに警察に立ち寄りさらに多くの野犬をひきとってかえることだ。

街を歩くケイトと犬たちは写真を撮る人たちに囲まれていた。
彼らは少々の寄付を置いていく。ケイトは喧嘩っ早かったらしく、
近所の人たちはケイトの怒鳴り声を聞いていた思い出を語る。

地元の獣医も彼女が84歳で亡くなるまで儲けをなしにできる限りケイトを助けた。
「犬はみんな驚くほど健康で、寿命を全うしたよ。
ケイトはユーモアがあり、素晴らしい性格、決意の人だった。
本当にさびしいよ」と獣医は語った。

犬の数が多すぎるとか、ケイトのちょっと変わった行動などで
中傷や苦情も受けていたが、市警察は非常に協力的で、
ケイトの往復の道すがらが安全なように取り計らってくれた。

ケイトは段々有名になり、オーストラリア、アメリカでもニュースになった。
1973年11月12日アメリカのNBC ニュースのインタビュー記事が残っている。

どうして犬が好きなのかという問いにケイトはこう答えている。

「私は寂しい独りぼっちな身の上で人間より犬のほうが好きだから」

とは言ったが、実際は地元民の人たちには心を尽くした。

教会に新しい讃美歌集を買うための寄付をしたり、障害児童たちに揺り木馬を、
ベトナム孤児に100ポンド寄付したりしていた。日々の暮らしを少額の年金でまかない、
裕福ではなかったが、自分より弱い立場の人たちには匿名で寄付を続けた。
また自分の死後の遺された犬たちの世話をしてくれるための基金も設立したのである。



私がケイトさんを見つけたのは以下のインパクト溢れる写真から。
この素晴らしい写真の女性のことを調べられずにはいられませんでした。
ケイトさんの愛と功績は永遠に残りますが、
受け継ぐべき私たちは、弱い人たちや動物たちの立場を
あの頃より改善できているのでしょうか・・


kate.jpg

camberley-kate-and-her-stray-dogs-8.jpg


BBC SURREY



目の前から消えれば、存在も忘れてしまう

Picture 1474

庭の小屋に犬を鎖でつないでおく人がいる。たくさんいる。

目の前から消えれば、存在も忘れてしまう。そういう犬たちは一生孤独な独房で過ごすのだ。

犬小屋は夏は風通しが悪くオーブンのようになる。暑さをしのぐ手間もかけてもらえない。
冬は寒さにさらされ、飲み水も凍り、脱水症状を起こす。
雷が恐くても、台風や雪のときも犬小屋の中でひとりぼっちだ。
病気になっても気づかれず、
友情のかけらなど存在しない形で鎖につながれたまま命を終える。

鎖につながれた犬は寂しさとフラストレーションで吠えるようになる。
それが近所の苦情になる。邪魔者扱いされ、射殺されたり、毒を盛られたり、
石を投げられたり、火をつけられたり、拷問したりという残虐な目にあう。

鎖につながれた犬は庭に入ってくる者は子供でもなんでも襲う可能性が高い。
統計によると子供たちが犬に襲われて亡くなる確率は
公園や花火や木に登ったりして起こる事故死の可能性より高いという。
庭につながれてひとりぼっちの犬は攻撃的になりやすい。
人間の群れの一員として社会生活を楽しむ犬は神経質に攻撃することはない。

最近では動物虐待法に基づいて犬を鎖や綱に
つなぎっぱなしにすることを禁止するコミュニティができている。
もしまだあなたの地域にその動きがない場合はそれをリストに入れ、
鎖につながれているすべての犬たちにいずれは解放してやることを約束して欲しい。

PETA ホームページより

A Chained dog can only watch as life goes by
鎖につながれた犬は生が過ぎるのをただ眺めているだけである。

images (1)

04 Nov 2013記事再掲

特別に優しい人たち

IMG_5318 (Custom)


老犬ジュレップに予期せぬことが起こったのは18歳の時でした。
飼い主が亡くなったのです。
老犬をひきとってくれる家族や友人は誰もいず、
とうとうシェルター送りという悲しい身の上になりました。

シェルターのスタッフはジュレップに独居小屋を与え、
玩具と毛布で一杯にし、撫でたり、さすったりしてあげましたが、
非常に不安そうでした。
老犬にとっては厳しい環境ですし、
飼い主が見つかるのはかなり難しい状況でした。

スタッフは語ります。

「老犬を探しに来る人はめったにいません。
ましてや18歳という年齢では。。」

3週間が経ちましたが、それでもスタッフは諦めず、
週のハイライト犬として毎週宣伝をしました。

そしてついに現れたのです。
最近11歳のピットブルをなくしたウェインが。。

フェイスブックでジュレップを見たウェインはすぐシェルターに飛んでいき、
出会った瞬間からウェインの確信は揺るぎなきものになったのです。
彼はこれだと思った犬は瞬間でわかるそうです。

輝く晩年の日々をシェルターではなく、家で過ごすべきだと
そんなに長くは一緒に過ごせないだろうが、
もう一日たりともシェルターで寝かせやしないと、
新しいお父さんはジュレップを連れてシェルターを後にしたのです。

スタッフは最後にこう結びました。

「シニア犬やシニア猫の利点はたくさんあります。
物を噛んだりしませんし、物事が判っており、
しつけもされています。散歩もそんなに必要ないでしょう。

しかし、その利点を越えて、
私は老犬や老猫を引き取る人たちというのは、
特別に優しい人たちなのだと思います。
ジュレップをひきとったウェインもその一人です。

ウェインはジュレップをひきとる事ができた自分を
幸運だと思っていると思います。
それがウェインという人を物語っているのです。
そういう人たちが特別に優しい人たちなのです」


3E8E8BDB00000578-4342612-image-a-30_1490279091033.jpg 3E8E8BC700000578-4342612-image-a-18_1490278990431.jpg

Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4342612/Man-adopts-18-year-old-dog-owner-died.html


23 May 2017 再掲

ただでいいじゃないですか

Picture 1239

いつも聞かれることです。ホームレスの犬猫をひきとってやっているので
無料でいいじゃないかと。

ううむ。。。そうだったらいいですね。理想の世界です。
できないことではないかもしれません。
しかし獣医費用やケアコスト。毎日続けていくためには
この費用をどこかで獲得しなければなりません。
全部でなくとも一部はどこからか調達しなければやっていけませんよ。
一匹一匹、ヘルス・チェックを受けさせ、予防接種や虫下しも。
レスキュー・センターはこのコストを
自分たちの財布から捻出しなければなりません。

あなたがレスキュー・センターに払うお金はこの基本的なコストにあてられます。
もし動物がややこしい病気を抱えていたら、足が出てしまい、
レスキュー・センターの負担となります。

何はどうあれ、
ペット・ショップやブリーダーから買うよりはバーゲンではありませんか。

そうだと納得されました?そしたらまず最初のステップは何かと思われるでしょう。

ペットを飼うということは大きな責任が伴います。軽くみてはいけません。
あなたのライフ・スタイルを熟考すること。
旅行が多い人や仕事で家を空けがちな人は
ペットを飼う時期ではないと思ってください。
仕事が忙しい人は成猫がいいかもしれません。

人生の大きな変化を迎えている人、たとえば、結婚、引越し、
赤ちゃんを迎える人たちは、落ち着くまで待ちましょう。
これらはペット放棄の3大理由です。

餌代、備品、獣医費用などびっくりするような請求がくることがあり、
ペットを飼うのは金いりです。これを15,6年続けられますか?

いや、それでも引き取ってみたいという方、
どうやって良いレスキュー・グループを見つけたらいいのかと思われるでしょう。

レスキュー・センターではあなたが飼い主として適正かどうかインタビューしますよ。
これは結構嫌なモンです。
しかし同時に、相手側が適正なレスキュー・グループであるか
あなたがテストするチャンスでもあるのです。


アメリカのレスキュー・センターのサイトから

19 Aug 2012 再掲


チャーチル首相とジョック

_73486984_73486700.jpg

英国のチャーチル首相はジンジャー仔猫ジョックと食卓を共にするのを楽しんだ。
召使はしばしばこのペットを探しにでかけなければならなかった。
そうしないと食事が始まらないのだ。