バタシー・ドッグス・アンド・キャッツ・ホーム出身

我が家の犬がバタシー・ホームの季刊号に載ったよ~

IMG_5991 (Custom)

ホーム・出身者のギャラリーです

IMG_5993 (Custom)

大きく載せてもらったなあ。良かったね、アーチー。

IMG_5998 (Custom)



特別に優しい人たち

IMG_5318 (Custom)


老犬ジュレップに予期せぬことが起こったのは18歳の時でした。
飼い主が亡くなったのです。
老犬をひきとってくれる家族や友人は誰もいず、
とうとうシェルター送りという悲しい身の上になりました。

シェルターのスタッフはジュレップに独居小屋を与え、
玩具と毛布で一杯にし、撫でたり、さすったりしてあげましたが、
非常に不安そうでした。
老犬にとっては厳しい環境ですし、
飼い主が見つかるのはかなり難しい状況でした。

スタッフは語ります。

「老犬を探しに来る人はめったにいません。
ましてや18歳という年齢では。。」

3週間が経ちましたが、それでもスタッフは諦めず、
週のハイライト犬として毎週宣伝をしました。

そしてついに現れたのです。
最近11歳のピットブルをなくしたウェインが。。

フェイスブックでジュレップを見たウェインはすぐシェルターに飛んでいき、
出会った瞬間からウェインの確信は揺るぎなきものになったのです。
彼はこれだと思った犬は瞬間でわかるそうです。

輝く晩年の日々をシェルターではなく、家で過ごすべきだと
そんなに長くは一緒に過ごせないだろうが、
もう一日たりともシェルターで寝かせやしないと、
新しいお父さんはジュレップを連れてシェルターを後にしたのです。

スタッフは最後にこう結びました。

「シニア犬やシニア猫の利点はたくさんあります。
物を噛んだりしませんし、物事が判っており、
しつけもされています。散歩もそんなに必要ないでしょう。

しかし、その利点を越えて、
私は老犬や老猫を引き取る人たちというのは、
特別に優しい人たちなのだと思います。
ジュレップをひきとったウェインもその一人です。

ウェインはジュレップをひきとる事ができた自分を
幸運だと思っていると思います。
それがウェインという人を物語っているのです。
そういう人たちが特別に優しい人たちなのです」


3E8E8BDB00000578-4342612-image-a-30_1490279091033.jpg 3E8E8BC700000578-4342612-image-a-18_1490278990431.jpg

Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4342612/Man-adopts-18-year-old-dog-owner-died.html





I HAVE A WHOLE LIST OF IDEAS


IMG_5072 (Small)

地域のシェルターにいる動物たちを助けたいと思っている人は多いでしょう。
ああ、でも現実はきびしい。自分のこともできないのに。

寄付もしたいけど、じゃんじゃんお金を持っているわけでもない。

大丈夫です。

たくさんのお金もエネルギーも時間も必要としない方法がたくさんあります。
まずあなたの技術とそのシェルターが必要としているものを割り出してください。


工作ができる人

シェルターの修理、改築作業からキャットタワー作成まですべて大歓迎。
古いTシャツ、ジーンズ、毛布などから手作りの玩具やベッドを作る。
イベントや散歩などに動物たちが「家族募集中」と纏うベストやバンダナを作成
インターネットで検索するとたくさんアイデアがたくさん。洋裁の型紙も豊富。

弁護士

シェルターにとっては非常に重要な存在です。
あなたの知識や法的な書類、契約書、
ビデオや印刷物を広告に使用するときの所有権などなど

経理士会計士

シェルターは会計の書類にあなたの手が絶対必要です。
譲渡費用、寄付などの入金と出費とのバランスもみなければなりません。

ドッグトレーナー

犬を譲渡する前にトレーニングをしなければならない必要が多々あり。
あるいはあなたがまだトレーナー初心者であれば、
犬と一緒にしつけ教室に参加してください。
基本的なしつけができれば、多くの犬が譲渡可能になります。

あなたが犬や猫の行動の専門家であれば、
シェルターに新しく来た動物たちの査定ができます。
もし問題行動があれば、原因をさぐり、動物の譲渡できるレベルや、
どんな家庭に行ったらいいかなど専門的に手助けする事ができ、
譲渡数を増やすことができます。

ウエブ・デザイナー

シェルターは譲渡のために
いつもウエブサイトをアップデートしておかなければなりません。
イベント情報、寄付のお願い、ブログなど、仕上がりを綺麗にして、
質の高いサイトにすればどれだけ人を惹きつける事ができるでしょう。

ライター&ソーシャルメディア・エクスパート

動物たちの紹介、ニュースレター、イベント、寄付集め、
いろいろな事で、人々に注目してもらい、参加してもらうためには
あなたのライターとしてのスキルとそれをソーシャル・メディアで活用できることが
シェルターの成功ににつながるのです。

だいぶ前に見つけた記事で、オリジナルがどこか忘れてしまいましたが、

プロ、セミプロ、勉強中の人、これからやりたい人、得意なものがある人、
好きなことがある人、アイデアがどんどん浮かび、それを実行に移せる人。
誰でも何でも動物のために役に立てる。
そのために天から頂いた「得意なこと」だと思っています。


無条件にイエスと答えましょう

IMG_3964.jpg


数か月前、僕とガール・フレンドのラーラは8歳のコッカスパニエルをひきとりました。
名前はルフィオです。我が家にはすでに仔犬から飼っているワイリーがいます。

年寄りの犬は仔犬と比べて本当に手がかからないのでしょうか。
活動的な我が家に適応するのでしょうか。実験です。

2年前、犬収容所から母親と仔犬たち全部ひきとった友人が、
そのうちの一匹を持ってきました。
ワイリーはそういうわけで我が家の一員になったのですが、
私の人生を劇的に変えました。もちろん良い方向へ。
種が違う同志で、ここまでぴったり親密になれるものかと自分自身でもびっくりしましたし、
私とワイリーの結びつきを見た人はすべてうらやましがったものです。

ラーラも例外ではありません。そこで僕はラーラのために新しい犬を飼うことにしました。
彼女はフルタイムで働いているので、手のかかる仔犬よりは成犬のほうがいい。
しかも老犬をシェルターからひきとる感動のストーリーは
ラーラの優しい心を刺激したようであります。

私たちの希望条件はしかしながら難しいようでした。

小型犬だが、大型犬のように振舞う。
老犬だが、さほど老犬のように見えない。
活動的な私たちと一緒に行動する。

いろいろな候補犬をみましたが、
ぴったりくる犬にはなかなか出会えませんでした。

ある土曜日、保護センターに行き、
悲しい目をしたキャラクターあふれる小さなスパニエルを見つけました。
ワイリーともうまくやっていけそうだと確信して、
書類にサインして、270ドル払って、ひきとりました。
名前はすでにルフィオと決めていました。

とりあえず、すべて順調にいっていましたが、
車の中で私が置き忘れていたベーグルをルフィオが見つけ、
食べ始めたところを、私がとりあげようと手を出したら歯をむきました。

ラーラはショックを隠し切れませんでした。ほとんどの人がそうでしょう。
しかし、保護犬の中には最初は少々荒れる時もあるんだ、
最悪の場合は、僕と君を合わせれば、
数キロの体重のスパニエルより強いんだからとラーラに説明しました。
家に戻ったときルフィオは部屋の真ん中におしっこをしました。


ルフィオの過去はこうです。

7年間過ごした家族は、4人目の子供ができた時、
殺処分率の高い収容所に連れていきました。
やせ細ったルフィォは一緒に暮らしていても
愛されず世話もされずに過ごしていたのだと思います。

ルフィオは最初は「骨」が何かわかりませんでした。
ボールも何のためなのかわかりませんでしたが、
弾むのを見てあれだけ喜ぶ犬を見た事もありません。
誰とも餌を争う必要がないと判ったとき、唸り声もなくなりました。

中略(ルフィの歯がボロボロの話や持病の話)

さて、これでも老犬を引き取るのは価値があるのかと聞かれましたら、

アレルギーで苦しんでいるコッカ・スパニエルを
少し眠らせてあげようと一晩中撫でている(そして全然寝ていない)私に聞くのなら,

無条件にイエスと答えましょう。

愛されず、虐待され、怯えて生きてきた、
ただただ悲しいだけの動物が、新しい生を楽しみ、
幸せになっていくのを見守る事の喜びと恩恵を表す言葉はありません。
仔犬の時から自分が考えた型通りに育てていくこととは
まったくの別の物であります。

一番最初に骨を与えたときの不思議そうな顔。
そしてそれが素晴らしいものだと、
彼だけのものだと理解したときの輝く瞳は
どんな苦労もどんな大変さも吹き飛ばしてくれます。
すべて報われ、価値のあるものになります。
私たちの人生もルフィオが家族になってくれたおかげで豊かさを増しました、

あ、そうそう。今度のルフィオの散髪時はモヒカン刈りにする予定です。

phts0fhy3nam9qi2sg6b[1]

紫の恐竜が宝物


全くその通りです

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR