いつも誇りを持って語られる

IMG_3813.jpg



「この犬はレスキュー犬だったんですよ」

あなたは何回この言葉を聞いたことがありますか。
何回この言葉を言ったことがありますか。

「レスキュー犬だったんですよ」というこの言葉は
いつも誇りをもって語られます。
そしてその後必ずストーリーが付け加えられます。

「飼い主が老人ホームに行ってしまったのです」
「母犬が田舎の納屋でたくさん生んでしまってね」

ときどき想像をはたらかせたりもしなければなりません。

「町をうろついていたそうなんです。きっと虐待されていたのだと思います」
「家の中で見つかったそうです。
引越しのときに置き去りにされたに違いありません」

どのストーリーも重要であり、どのストーリーも私たちの胸を打ちます。
とどのつまり、私たちはレスキュー犬を愛するのです。

「ワグはレスキュー犬だったんですよ」

7歳のラブラドール雑種のワグはもともと家族があり、愛されていました。
しかし犬糸条虫があることが判明。
飼い主は治療費が出せず、収容所に連れてきました。
その時飼い主は目にいっぱい涙をためていたそうです。
ワグは尻尾をいつも振っているのでワグと名づけられたのですが、
飼い主が車で去っていくと尻尾を振るのをやめてしまいました。
.
私たちは収容所からワグを引き出しましたが、
譲渡会では大きな犬だねと言われるだけで、人気がありませんでした。

ある日、認知症に苦しんでいる夫とその妻がやってきました。
妻は小型犬を探していましたが、ワグは男性の横に座ったのです。
男性がワグの頭を撫でると、ワグは初めて尻尾を振りました。

ワグは夫妻にひきとられ、幸せをもたらしました。
その後夫が施設に入った時に、ワグは妻にどれだけ慰めを与えたでしょう。
妻はワグに介助犬の免許をとらせ、セラビードッグとして夫に会いに行き、
他の病気の人たちにも光をもたらしてくれたのです。


「ガブリエルはレスキュー犬だったんですよ」

ガブリエルはニューヨーク市で彷徨っているところを保護されました。
目が見えず、痩せて骨だらけでした。
何より、ガブリエル自身が何もかもあきらめているように見えました。
しかし収容所で終わるべきではないと私たちに思わせる何かが
ガブリエラにはあったのです。私たちのシェルターに引き出しました。
彼が到着した時、彼の健康状態をチェックしながら、
自分たちが正気かも問わなければならないと思いました。

頭を持ち上げられない。あちこちの壁にぶつかる。
角という角にすべてマーキングする。

しかしガブリエルにはフォスター・ファミリーという守護天使がいたのです。
フォスター・ファミリーはガブリエルを愛し、良質のエサを与え、
暖かいベッドを与えました。
おかげで、ガブリエルはすぐに犬とはどういうものかを思い出したのです。
体重が増え、目の上の腫瘍も取り除き、遊び始めました。

私たちはもうガブリエルが大丈夫かどうかの心配をしなくてもよくなりましたが、
今度はどこのだれがこの特別な犬をひきとってくれるのかそれが心配となりました。

ガブリエルの家族になってくれたのは本当に普通の人たちでした。
数匹の犬を飼っているご夫婦です。
年とった目の見えない犬を彼らの家に
喜んで迎えてくれる素晴らしい人たち。
ガブリエルは新しい友達と家族を心から愛しています。



「インディアもレスキュー犬だったんです」

インディアもニューヨークの通りで保護されました。とても疲れていました。
こんな状態で愛されないまま死なさせるわけにはいきませんでした。
私たちの元に連れてきて、彼女専用のベッドと餌と愛を与えました。
インディアは名前をもらって数時間後に眠ったまま旅立ちました。

Peppertree Rescue
http://www.huffingtonpost.com/alissa-barnett/rescue-dogs-their-stories_b_1687642.html









どの犬も一人ぼっちで死ぬべきではありません


IMG_3783[1]

ロスの写真家、ロリ・フサロ氏は筋金入りの愛犬家であるが、
そのロリでさえも、
一年前まではシェルターから老犬を引き取ることに目を背けていた。

「悲しすぎて、私には耐えられない痛みだと思っていました」

動物で溢れかえったシェルターで写真をとっていたロリは
誰からもひきとってもらえない老犬老猫たちが
だんだん生気を失っていくのを見てきた。

「シニアのペットで一番辛いことは、
今まで暖かいソファの上で過ごしていたのに、
シェルターの冷たい犬舎に連れてこられる事です。
しかもみんなこんな運命に値するような悪いことは何一つしていないのに。。。」

ロリは、勇気をもって老犬サニーをひきとった。
16歳の犬は健康に問題があるのは普通である。
目は感染症にかかり、足には大きいガン腫瘍ができていた。

「飼い主はサニーがガンになったので、シェルターに持ち込みました。
家族と一緒に最後まで過ごすはずだったサニーを
一人ぼっちで死なせるわけにはいきません」

ロリは獣医の費用を払ったが、多くの人が協力してくれたという。
獣医はサニーの目をきれいにしてくれ、
痛み止めの処方もなるべくやりくりしてくれた。
しかし、ガンに関してはそのままにしておくことにした。

「老犬をひきとる時は病気も一緒にやってきます。
そしてどのように見送るかもあなたが決めなければならない。
私は延命はしないつもりです。サニーが楽しい生だと思ってくれるところまで。

いつも思うのですが、
犬はどの犬も一人ぼっちで死ぬべきではありません 。

サニーの余命が2ヶ月しかなくとも、
楽しく幸せであってくれたら
私のその後の悲しみも価値のあるものだと思います」

ロリはそれ以降「シルバー・ハート」というシニア・ペットを対象にした
写真プロジェクトを立ち上げることにした。
本の売り上げは老犬専門の3つのチャリティ団体に寄付することになっている。

「プロジェクトの目的はシニア・ドッグへの理解です。
彼らは動きもゆっくりで、寝てばかりでつまらないと思われています。
しかし私が出会ったすべての老犬は玩具で遊んだり、骨を噛んだり、
散歩も大好きなのです。彼らは輝きを失いません。生を楽しんでいます。

最初私は老犬をひきとりたくなかった。
自分のことばかり考えていた。
痛みを一緒に味わいたくない。難しい選択をしたくない。

しかし私はサニーに対する愛情でメロメロになっています。
それがもっとも大切なことだと思っています」


sunny[1]

余命数か月と言われていたサニーは
ロリと一緒に暮らし始め、数年間生きたそうです。楽しく。



愛を教えにやってくる



犬は「愛」を教えにやってくる。

「喪失」を教えながら去っていく。

新しい犬は前の犬の代わりには決してならない。

ただ私たちのハートを大きくする。多くの犬を愛せば愛すほど

私たちのハートはぐんぐん大きくなっていくということである。


12803284_1100929076615394_3986724010103268343_n[1]




彼を見つけてください

私が死んでも、

「もう二度と犬は飼うもんか」と言わないでください。

代わりに犬を探しに行ってください。

愛される事を知らない犬、捨てられた犬、

あるいはシェルターにうずくまっている犬。

彼を見つけて私のいた場所に置いてあげてください



another.jpg





シェルター犬は幸せがわかる

IMG_3835.jpg


4年前、サッシーのフォスター・ファミリーになった時は、
ただサッシーに素晴らしい家を見つけてあげたいと思っていました。

ところが恋に落ちまいと決心していた私たちは、惨敗してしまいました。
サッシーはなくてはならない家族になったのです
(夫のケビンに言わせれば、磨耗した鍵フックにひっかけられたと)

サッシーの元の飼い主はいわゆる虐待をしていたわけではありません。
おそらくあまりかまっていなかったのでしょう。
太りすぎで、肺に水がたまり、関節炎も患っていて、あまり長くは歩けませんでした。

サッシーは散歩が好きではないと言われました。
しかし我が家は全員散歩好きなので、サッシーにも参加してほしいと、
毎日少しずつ距離をのばし、体重も落とし、今では数マイルも歩けます。
14歳という高齢にもかかわらず、小高い丘にもかけのぼることができます。
散歩に行く?と聞くと、ちょっと間があきますが、
それは自分の身の上に起こった幸運が信じられないというような間で、
すぐに興奮して仔犬のように走り回るのです。

分離不安も少々あり、健康面でも気になる事がありましたが、
薬やサプリメントなどでたいていは軽減することができました。
こういうことを面倒とか苦労とか呼ぶのなら、
サッシ―はその苦労全部に価する犬です。

シェルター犬は最高だというのを聞いたことがあります。
なぜなら、彼らは幸せがわかるからだそうです。
サッシーを見て本当にそう思います。

老犬をシェルターからもらうのはあまりにも悲しすぎると思っていました。
一緒に過ごす時間は短い。しかし今は違います。
カズオ・イシグロの「日の名残り」という本の中に、
夜は一日のうちで一番素晴らしい時間であるという文があります。

私たちと一緒にソファで毛布にくるまって
気持ちよさそうに過ごすサッシ―。
光輝く太陽を浴びて、散歩を楽しみ、
彼女が今までの人生で期待もしていなかっただろうたくさんの愛に包まれ
嬉しそうにしているサッシ―。

それを私たちが彼女に与えることができるということは
どれだけ恵まれていて、光栄な事か言葉には尽くせません。

ベッキーとケビン


sassy.jpg



プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR