感謝はまだないが

ご訪問くださっていらっしゃる皆様いつもありがとうございます。
更新をあまりしていないのに、覗きにいらしてくださる方々に
感謝しております。

お元気でお過ごしですか。

私は残酷な動物虐待の写真にエネルギーをごっそり吸い取られながらも
難しいですが、"Stay Positive. Make It Happen "を目指しております。


よしよし、今までのところ、私のこの素晴らしい「吠え」によって、
郵便夫10人、40匹の犬猫、5人の新聞配達人と
20人の自転車乗りからご主人の命を守ることができた。

感謝はまだないが。。。


Cuma61iWYAAtp3z.jpg




犬に学ぶ

IMG_4371.jpg




幸せな態度で臨み
皆に元気に挨拶する事
シンプルである事に喜びを見いだし
いつまでもひきずるな
総てに探求心を持ち
休みを十分とる事
忠実は美徳であり、遊びは善である事を知り
無理をするな
褒美を受けよ
愛する人を守り、食に情熱を傾け
常に自分らしく、無償の愛を与えよ





でないと私は行かない

IMG_0861.jpg


天国にラブラドール・レトリーバー用の場所があるのなら
(あるはずである。でないと私は行かない)

そこは真ん中にきっちりと小川が流れていなければならない。

跳ねたり水をかけたりする細い砂洲のある小川。

土手から真っ逆さまに突っ込む時の深い場所も持つ小川。

犬たちが岸に持ち帰れる細い小枝がたくさん浮いている小川。

ジャコウネズミたちが堀った穴があちこちある小川。

緑のアオサギと森鴨が住む小川。

走る、泳ぐそして飛ぶ。

いつも私たちを驚かせてくれるいろいろな顔をもった小川。

犬と男を悪魔でさえも逃げ出すくらい震え上がらせる冷たい小川。

泥んこになる良い場所か、陽の当たる場所がある小川。

あるいは両方。


I Won't Go - Gene Hill



来週9月1日から、イギリスのシェルター教育プログラムを学びに、
世界各地の動物シェルター運営者がドッグ・トラスト・インターナショナルに集まります。

6000マイル離れた心優しい人たちのために

私も出席して参ります。ご報告をお楽しみにお待ちください。




You Are His Whole Life



彼はあなたの人生の一部分かもしれない。

1898215_10151994269343877_1586927033_n.jpg

けれど、彼にとってあなたは人生のすべてなのである。


FACEBOOK94.1KTFMより





「誰の犬でもない」犬が死んだ

IMG_0547.jpg


イギリス行政の犬収容所の収容期間は7日間です。
遠く離れた場所へ収容されるのでマイクロチップがなければ、
飼い主と巡り合う事はほぼ不可能です。
レスキューセンターが引き取らなければ、8日目は殺処分です。
場所がないからです。
あなたの犬をこんな目に合わせないようにしてください。
マイクロチップをして必ず情報を更新し続けること。

下の詩は行政の犬収容所にいつも犬を引き取りにいく
バナムドッグレスキューの創始者が書いた詩です。
原文は犬の一人称となっていますが、少々変えました。

Nobody's Dog, by Trudie Jame

今日は「誰の犬でもない」犬が死んだ
登録番号だけで後は何も残っていない
顔も名前も涙もないまま
この世界では何の価値もなかったから

犬には愛してくれる飼い主がいた
風のように走り回る犬をいつも抱きしめてくれていた
ある日門があいていて、犬はフラッと外に出てしまった

主人はその夜、犬を大声で呼んだに違いない
半狂乱で探しまわり、神に祈ったに違いない
しかし犬は家から遠く離れた収容所で
絶望の中ひとりぼっちで背中を丸めていた
主人は電話をかけて探し回ってくれているはずだ
犬は主人の声が聞こえたような気がした
主人に聞こえるように声が涸れるまでほえ続けた

犬はラブラドールの雑種で白いソックスをはいていたが
登記書にはスタフォード雑種と書かれた

犬の咳はどんどんひどくなってくる。
レスキューセンターが昨日やってきたが
この犬には場所がないと言われた。
不妊去勢手術をしていないし
顔に粘膜のような筋が走っている過剰犬種だと思われたから

もし主人が自分を見たらたらすぐわかってくれるはず
自分がここにいることを感じてくれるはずだと犬は思っていた
飼い主は病気にも気づいてくれ、家に抱いて帰ってくれる

7日がすぎ、犬の望みは絶たれた
腕の中に抱かれるでもなく、慰めの言葉をかけられるでもなく
静脈に注射をされて息をひきとった

処理班がゴミ袋に入れ収容所の地下の冷凍庫の中に投げ込む
ゴミのように投げられる。敬意も憐れみもない
飼い主と巡り会える時間の余裕さえも与えられず

犬の忠誠心と愛情は残酷な手によって葬られてしまった
マイクロチップと名札なしではただのゴミだ
尻尾をふって、誇り高く、あんなに愛されて自由だったのに
神よ、人類が犬に与えた痛みをご覧になってください



プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR