イギリス人の価値観を侮辱する

Italian-animal-rights-act-010.jpg


ローマ法王の着衣が動物の毛皮と革で作られていることこに反対して
イタリアの動物保護団体のローマでのデモ
Photograph: Filippo Monteforte/AFP/Getty Images


動物の毛皮はファッション・ショーではいまだにおしゃれの象徴として
まかり通っているかもしれないが、
公人であるイギリスの市議や市長の洋服はどうであろう。

今年5月にレクサム市議になったデビッド・ビセル氏は
就任後すぐ動物保護団体から動物の毛皮がついている洋服を着ていると糾弾をうけた。
氏はただちに謝罪し、二度と着ないと声明を出した直後、
イギリスの地方行政役職者23人を対象にPETAによりアンケートが行われた。
数人からはまだ未回答である。

「公人が毛皮廃止に関してポジティブな例となっていただくことは
動物たちの尊厳を認めるというアピールであり、非常に大切なことです。
毛皮用に繁殖されている動物たちは毎日残酷な苦しみを与えられながら死んでいます」
とPETAのディレクターは語る。

プリマス市からの回答

「赤と金の公用服があり、セレモニーに使います。
毛皮のついたものはありません。赤い服は今直しに出してありますが、
偽の毛皮を使ったものです」

ヨーク市からの回答

「式典用の古い公用服があり、それには古い毛皮がついています。
直しに出している高官の服についている毛皮のトリムは
化繊と交換するように指示を出しています。
そして新しく始まった式典をつかさどる服はすべて化繊で作るようにしました。
今後直しに出すものも新しく購入する洋服に関してもすべて同じようにします。
私たちは動物の権利を全面的にサポートするからです」」

ハル市からの回答

「金の飾りのついた市長の式典服は毛皮がついていませんが、
あまり着用されない6枚あまりの官僚の洋服には毛皮がついています。
交換する予算が今のところありませんが、
将来的には予算がたてば、もちろん偽の毛皮に交換します」

PETAによるとほとんどのイギリス人は毛皮に反対しているという。

「イギリスでは毛皮のために動物を殺すことに対する嫌悪感が非常に強く、
10年以上前から国内の毛皮農場は廃止されています。
市議員が毛皮の公用服を着ていたら
イギリス人の価値観を侮辱するものであると同時に廃止への意味も消えてしまいます」

ステラ・マッカートニー、カルバン・クライン、
ラルフ・ローレンなどのデザイナーは毛皮を使用しない。
しかし世界中では400人ほどのデザイナーが使用しているということである。

「そのうちの75%は有名ブランドです。そのほうが売れるからです。
動物の福祉よりもビジネス繁栄のほうにしか興味のない人たちです」


Guardian UK Animal Welfareより


毛皮農場を廃止したイギリスは一日も早く毛皮輸入禁止に踏み切ってほしいものです。


私たちには残酷さを排除するシステムがある

bigben.jpg

私がよく引用するMAIL紙はIndependent 紙やObserver 紙のような格調高さはないのですが、
動物虐待に関しては頻繁に大きくとりあげてくれます。以下もその記事です。

生きたまま羽をむしりとられる恐怖と痛みの残酷さに対する
あなたの冬のコートの対価は何であるか。

ダウンジャケットは非常に人気がある。
ジョルジオ・アマー二、ラルフ・ローレンなどのデザイナーブランドは大々的に宣伝され、
べネトンやマークス・アンド・スペンサー、ギャップの棚から飛ぶように売れていく。

しかしダウン産業のダークサイドである残酷性に思いを馳せたことがおありであろうか。
とくにガチョウたちが最新ファッションの需要を満たすためにどれだけの苦しみを味あわされていることか。

生きたまま羽をむしりとられる痛みは想像に絶する。血だらけになる。
それ以外の羽はその残酷さゆえにイギリスでは禁止されたフォアグラ産業で使った鳥の羽である。
価格の高いのは死んだ鳥からではなく、生きた鳥から素手で毛をむしりとる羽である。
背中の長い羽は安く、胸の柔らかい部分が一番高価で、一キロあたり22ポンドである。
トリ自体は殺戮後一匹わずか1ポンド60ペンスで取引されるが、鳥が払う代償はそれどころではない。

短い命のうえに、生きた地獄を味わう鳥たちがどのように扱われているかチャリティ団体のマーカスは語る。

鳥の羽をむしる作業員男女ともがあちこちの農場を渡り歩きます。
ポーランド、ウクライナ、ロシア、モルドバ、そしてハンガリーがイギリスへの商品の大量生産国です。
拷問は一回だけではありません。フォアグラに使われる灰色のガチョウは
12週で殺戮されるまえに一、二回、羽をむしられます。
肉食用の白ガチョウは26週で殺戮される前に3回むしられるのです。
作業員は何の感情も持たず、恐れるガチョウの羽や足をつかみ、時には打撲や骨折を負わせ、
傷つけ痛みを負わせ羽をむしります。終わったときには鳥は血まみれで、
傷口は麻酔もせずに針と糸で大雑把に縫い合わせられるのです。

5週間で羽が生えそろうとまた同じようにむしります。素敵な冬のコートのためだけに。
一匹のガチョウにつき150グラムのダウンができます。
これは枕一個分です。コートには3匹か4匹必要です」

ヨーロッパのダウンフェザー協会は、今のところ、
生きたガチョウを使うのはたった2パーセントだと豪語しているが、
もちろん残りの98%は強制給餌の拷問を施すフォアグラからきている。

マーカスは続ける。

「製造業者でさえも生きた鳥からなのかどうか100%わからないのが現状です。
ガチョウが殺された後はあひるやニワトリの羽もむしり、ブローカーの手に渡り、
客が望む質にしたがって混ぜ具合はかわっていきます」

ブローカーに言わせるとドラッグ業界と似たりよったりであるらしい。
最初は高品質で売っていたのが、流通するに連れて品質が落ち、値段も変わってくる。
鳥が残酷に扱われているかどうかを確かめるのは非常に難しい状況である。

死んだ鳥からむしりとるのは残酷ではないと思うかもしれないが、
その鳥たちも死ぬ前におなじくらい残酷な目にあっている。
よく知られているのが、生きたままのどにチューブをさしこまれるフォアグラ産業である。
オーストリア、ドイツ、チェコ、ノルウェー、ポーランド、ネーデルランド、イスラエル、
スイス、南アフリカ、ルクセンブルグ、デンマーク、そして合衆国のたいていの州では禁止されている。
イギリスでも動物法により生産することはできないが、売ることは違法ではない。

たいていの消費者はグルメフードを買おうとは思わないが、羽毛はどうだろうか。
無害だと信じて疑わないのではないか。ファッショナブルで暖かいコートの裏には
羽をむしる残酷さとフォアグラの残酷さが隠されていることに気がついていない人が多い。

ダウンジャケットを買うとき、中に何が入っているか知る方法があるだろうか。
ダウンコートを販売しているGiorgio Armani, Ralph Lauren, Benetton, Gap, Patagonia,
The North Face, Rab (a Snow & Rock supplier), Marks & Spencer,
Puffa and Tommy Hilfigerに彼らのポリシーを訪ねてみることにした。

Ralph Lauren, Puffa, Armani and Tommy Hilfiger は返答なし。
Rabは「私たちはできるだけ倫理的に扱うダウンを選んでいるが、
供給チェーンの大きさと複雑さで100%保証することは非常に難しい
というのが正直なところです」との返答。


Benetton は殺戮した鳥を使うとの答えである。
ギャップは「私たちは生きた鳥からの羽を使用していないが、
厳密にそれが食肉産業からきているかどうかは確定できない」と。
今年2月Four PawsからThe North Face and Patagoniaの衣料品が
アメリカベースの最大大手であるアライドフェザーアンドダウンからきていると豪語していたのが、
実はハンガリーのフォアグラ農場からの鳥の羽であったことが暴かれ、失態を呈している。
9ヶ月たった今も、仕入れもとが残酷な取り扱いの業者ではないと言い切る事ができない状態である。

パタゴニアの環境マネージャーは問題対処に取り組んでいるところだという。
「供給のチェーンは複雑でダウンがどこからくるのか見極めるのは難しい」とマネージャーは認める。
「成長するにつれて農場が変わる鳥もいます。屠殺場に来る前に何段階ものステップを踏むのです。
羽は製造業者に売るバイヤーや加工業者に渡ります。
この仲介業者の多さで追跡が困難になっていて
私たちが購入するもとのソースに関して100%確かではないのです。
来年からは生きた鳥やフォアグラ用の鳥を使わないように保証する方策を考慮中です。
最初のステップとしてサプライヤーの言う事を鵜呑みにせず、
自分たちが独自で調査できる手立てを持つことです」

Allied Feather & Down’の部長の答え。
「私たちは故意に生きた鳥からの羽を購入にしているわけではありません。
しかし、供給チェーンのひとつひとつを把握しているわけではなく、管理もできず、
100%の保証をすることはできません」

しかし、残酷な仕打ちで得た羽を使わないというポリシーに自信を持っている企業が一社ある。
マークスアンドスペンサーだ。

「私たちには残酷さを排除するシステムがあります。羽毛の場合はハンガリーから買わないことです。

私たちとビジネスをする人は私たちのやり方に厳しく従ってもらいます。 
そして定期的に監査し、彼らの供給チェーンも密接に関わっています。
今はイギリスをベースにした供給業者を二件だけ持っています。
彼らはサプライチェーンを私たちに明確に提示してくれています。」

さて今のところダウンコートを買いにいく店はたった一軒しかないようだ。
そこだけが鳥を残酷に扱う産物ではないとはっきりしているからだ。
しかし更に考えて欲しい。

イギリスやフランス、ドイツに住む人たちがダウンコートを買うのは狂喜の沙汰である。
湿った国でダウンなど役にたたない、化繊のコートは、暖かくて乾燥している。
何より、気持ち的にすっきりするではないか。


article-0-163CE889000005DC-597_634x382.jpg


MAIL ONLINE


毎日来てくださる方、時々来てくださる方、今年もありがとうございました。
2013年は皆様にとって良い年になりますよう。


願うだけでは何も実現しない

DSC_0384.jpg
At Harrods

4月12日は はカナダのニューファンドランド島とラブラドール島の
春のアザラシ猟解禁の日である。

今年になってすでに2000頭以上のアザラシが殺戮されている。
解禁後はもっと多くのアザラシがカナダの東海岸の流氷の上で目、頬、口を鍵棒でひっぱられ、
棍棒で撲殺されたり銃殺されるのである。生きながら皮をはがされるのもいる。
その一匹一匹は朽ち果てているアザラシ毛皮業界を産業振興と称してサポートしている
カナダ政府の犠牲者たちなのである。今年こそ殺戮の終焉をと望んでいた多くの人たちを裏切った。
もう消滅した毛皮産業に、経済的に何の意味ももたないこの血の殺戮に
ゴーサインを出したカナダ政府の意図はどこにあるのか。

棺に最後の釘を打ち込んだのは去年12月95%のアザラシの毛皮を購入していたロシアが
ヨーロッパ連合に加入したことである。メキシコと合衆国はすでに輸入を禁止している。
ロシアのプーチン大統領はアザラシ猟を「ずっと以前に廃止すべきだった血のビジネス」と呼び、
スーパー・モデルであるパメラ・アンダーソンのアピールを支持し、ロシアも輸入を終了した。

ヨーロッパ連合のアザラシ製品輸入禁止に対し、イヌイット族の伝統を持ち出してきた
カナダ政府に対して、(イヌイット族は大量虐殺の場所とは離れたところに居住しており、
カナダの年間のアザラシ殺戮の3%にすぎない)2011年9月、ヨーロッパ連合はノーと言った。
しかもイヌイット族に関する商品は禁止項目からすでに免除されている。

アザラシ猟の将来はないと断言できる。カナダ国民の大半が反対しているからである。
この瀕死の産業にどれだけ多くの税金が費やされていることか。
100万ドルの売り上げしか得ない産業に政府は700万ドルの維持費をあてる。
かつてはそれぞれ100ドルを得ていた猟師も2010年には足がでているはずである。

アザラシ加工企業社の大手であるNu Tan Furs は
今年はアザラシの毛皮を購入しないと発表した。
カナダ政府は中国に売りつけようとしているが、
PETAアジアなどの動物愛護グループが
そうはさせじと懸命に努力している。
このような必死の努力に対して、ニューファンドランドとラブラドール地方行政は
毛皮加工産業に対して360万ドルの予算を組んだ。

この後におよんでカナダ政府は多額の税金を注ぎこみ、
国際的な批判も省みず、なぜ残酷なアザラシの大量虐殺を続行させるのか。

答えは「政治」である。自由党も保守党もニューファンドランド地方の議席をねらっているのだ。
しかしカナダの政治家にもこの殺戮に関してオープンに疑問を投げかける人も出てきた。
殺戮の地域出身の国会議員、ライアン・クリアリーは以下のように自分の気持ちを述べている。

「私たちの歴史であった捕鯨産業も終焉の日を迎えた。アザラシ猟の終焉の日が来るのか?おそらく」

その日は来ているのにまだもたもたしている。
動物への残酷さに対して立ち上がることの大切さが今、何より求められている。

guardian co uk

動物虐待は数多くあれど、このアザラシ猟は私の動物愛護の起爆剤となっています。
猟を保護するカナダの政治家と猟師は人間として壊れているとしか思えません。
アメリカもロシアもヨーロッパもやめたのです。中国も日本もこの悪魔の根を叩き切ってください。
実行せずに願うことだけしても、何一つ実現しません。


Animals Are Not Ours to Wear (Exotic Skin)

Picture 898
Big Ben

へび

へびは恐竜の時代から存在し、今日では3000種類以上もいます。
人間の近くにすむへびのほとんどが無害で、蛇に出会うこともまれです。
それは腹や下あごを使ってバイブレーションで
いちはやく回りを察知してくれるへびの能力のおかげなのです。
舌も回りで何が起こっているのかを察する内部レーダーとなります。
石の下、あるいは木の中に住んでいて昆虫や小動物を食べて生きています。
卵を産んで孵化させたり、完全にへびの形になるまで
体内で卵を抱えている種類もあります。
メスのパイソンは自分の身体を震わせて熱を出し卵を温める。

ハンターは皮をはぐためにへびの家を襲い、木に釘でうちつけ、
生きているうちに皮を次から次へとはいでいく。
蛇はショックと脱水で死ぬまでに何日も苦しむ。

186x78-clothing-exotic.jpg


とかげ

いろいろな特色を持っている魅惑的な動物です。
種類によっては後ろ足だけで走るものもいれば、水の上を走れるものもいます。
カメレオン、イグアナ、などは環境に応じて色を変えることもできるのです。
捕食動物を回避するため、シッポをたくしこんで左右に身体をねじにながら走ります。
イグアナは社交的な生物です。太陽の下で日向ぼっこをするのを楽しみとしています。
高い木の枝で、みんなそろって食事をします。
緑のイグアナは頭の上に第三の目と呼ばれるものがついており、
実際に見えるわけではないけれど、
太陽の下でどれだけ過ごすかによってホルモンの調節がなされる器官です。
角のあるとかげは目から血を噴出して頭の中の血圧を下げたりするものです!

とかげは33年くらいまで寿命がある。
しかし皮のために殺されるとかげは売れる大きさになるとすぐ頭か背骨をのみで強く砕かれる。

200-IssuesClothingExoticSkinsAnimalsLizard.jpg

アリゲーターとクロコダイル

アリゲーターとクロコダイルの一番の違いは歯です。
アリゲーターの下あごにある4番目の歯が一番大きいのですが、
口を閉めたときにきちんとおさまります。
クロコダイルは口を閉めても歯が見えるのです。
アリゲーターは湿地、潮汐湿地、クリーク、川、
運河、池、湖および貯蔵所に居住します。
ビーバーのように湿地に生息地を作る数少ない種です。
「ワニ穴」を掘るために鼻、前足および後部を使用します。
アリゲーターもクロコダイルも母親は赤ん坊ワニを懸命に保護します。
また、孵化したての幼鳥ワニは一般に1~3年間「鞘」の中に母とともにとどまります。
ワニは、咳や、シーッという声、叫び声など遠くからの音や
人間が聞こえない音も聞くことができ、反応します。


ワニは、殴られ、生きたまま皮をはがされる前に
不潔で混雑したワニ「農場」のタンクに閉じ込められている。


200-IssuesClothingExoticSkinsAnimalsCrocodile.jpg

PETA HOMEPAGE より転載・写真も

美しい魅惑的な動物たち。それぞれ与えられた命を無心に生きているのに、
殴り倒し、生きたまま皮をはぎ、ハンドバッグや靴やベルトにする人間たち。
そしてそれを誇らしげに買う人間たち。

誰か何かこれに対してやっているのか?

Picture 787
Natural History Museum

メール・オンラインに非常に残酷な写真が掲載されていました。
中国人が動物の皮を生きたままはがしているところです。
リンクははりませんが、記事をご覧になりたい方は
「Skinned alive to make fake Uggs: Horrific footage reveals slow, sickening deaths of raccoon dogs」
で検索してみてください。
私は記事とそのコメントをここで紹介します。

「UGGブランドのブーツをお買いになっているイギリスのみなさん、
贋物を買っているかもしれませんよ。しかも生きたままはがした動物の毛皮で」というタイトル

その毛皮は中国の毛皮農場にいる犬科のアライグマである。
吐き気を催すビデオを見た動物保護団体は取引の廃止と偽ラベルの不正を訴える。
実際はアライグマの皮を使用しているが、メイドインチャイナのラベルをはずし、
オーストラリア産シープスキンとする。
ヒューマン・ソサエティ・インターナショナルは
その贋物がイギリスに上陸しようとしていると警告する。

イギリスの法律では猫や犬の毛皮の輸入を禁止しているが、
きつね、犬、ジャッカルに属する狸に関しては何の法律もない。

ソサエティのウエンディ・ヒギンズの話によると
「10年以上動物保護に関わっているがこんなにショックを受けたビデオはない。
動物を殺すということだけでなく、
緩慢な痛みのある死を味あわせているという事実が許せない。
法律で禁止されているいないの問題ではない。イギリスに輸入を許してはならない。
また偽ラベルの問題もある。
消費者はブーツについている毛皮がどこからきているのか意識しているのか」

UGG本社はアライグマの毛皮は安いにせものであり、自分達は関係ないという。
類似の製品が40社くらいあるそうだ。

イギリスは2001年犬の毛皮を使っている商品の輸入廃止を法律で定めた。
ヨーロッパの完全廃止は2008年12月である。

この記事に関する最も支持を受けたコメントは以下:

●人間の動物に対する扱いは最悪である。
しかしこのような恐ろしい例を見せなければ、虐待は永遠に続く。
中国だけではない。動物をきちんと扱うということは人間本来の姿になる第一歩なのである。
残念なことに人類はまだ一歩も踏み出していない

●これが無邪気な動物に対する仕打ちなのか?なんと野蛮な吐き気を催す行為だろうか。
どうやればこれを止めることができるのか。

●人間の悪行の限りである。まさに邪悪としか言いようがない。

●中国製品をボイコットする人たち、そしてフェイスブックで取り上げる人たちは賞賛に値する。 
これを見たひとはすべてのソーシャルメディアサイトに紹介してほしい。
より多くの人が見て、憤慨すれば、何か始めることができる。怒りを活動の力に変えよう!

●だれか何かこれに対してやっているのか?嘆願書は?このままにしておくはずはない!!


日本は毛皮製品があふれ、皆さんよくお買いになっています。
キー・リングにまでウサギの毛がついています。
生きたまま皮をはいでいるのは実はご自分であるということすら
おわかりになっていない方が大部分でしょう。

本日もご訪問ありがとうございます。日本はすっかり秋になったようですね。
というかいきなり寒くなった?
ううむ。。実にイギリス的!
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR