動物は一生愛を受ける権利がある

b6de07cd-f63c-4c6a-9fb8-e738ddf4b509_zps233dbcf0.jpg

いろいろな虐待を見てきたRSPCAのスタッフでさえも
胸をつまらせた監視カメラに映った映像があります。

RSPCAバーミンガム支所の門の前に銀のルノーが停まった。
ドアが開き、6ヶ月くらいのスタフォードシャー種の仔犬が押し出された。
走り出す車。その後を必死で追いかける子犬。

車はスピードをあげて走り去った。
混乱し、うろしている子犬がカメラにとらえられている。

幸運にも通りがかりの人によってRSPCAに連れてこられたが
車の運転手が仔犬の飼い主かどうか不明である。
ティンセルと名づけられた犬はセンターで保護され、新しい飼い主を募集中である。

「正直言って、この監視カメラの映像を見るのは非常に辛かったです。
不要になったからゴミのように捨てられて。
何が起こったのかわからないまま
走り去っていく車を懸命に追いかける仔犬」とマネージャーのエレーヌは語る。

「ペットを飼う人は世話をする法的義務があります。
これから10年、20年365日世話する時間と金銭的余裕があるかどうか
飼う前にきちんと考えなければなりません。'
捨てるということは言語道断です。ペットは最後まで責任を持つこと。
動物は一生愛を受ける権利があるのです」


1e00e568-faa3-4845-aea4-63432cef654e_zpsbb5e7955.jpg


その胸をかきむしられる映像はこちらに
MAIL ONLINE

しかし、生きる望みのない森林に捨てられたり、
檻に閉じ込められて虐待を受けたり、
高速道路にほおり投げられたりすることに比べると
RSPCAの前に捨てられるというのはまだましかと思いますが、
なぜ、中に入って相談しなかったのでしょうか。

しかもつながなきゃ、危ないでしょうがっ!



Why Dogs Hate To Be Alone

Picture 1472


犬はどんなに短時間でも一匹で家に置いておかれると
非常にストレスと恐怖を感じるそうである。

動物学者であるジョン・ブラッドショー博士は時間の長さではないという。
主人が去っていくことが心臓破りなのだと。

「時間の問題ではありません。犬と人間の時間の観念は違います」

RSPCAの会議で博士は次のように発表した。

「いろいろな理由がありますが(犬種の理由も含む)6匹のうち一匹は苦しんでいます。
純血種犬のほうによく見られ、特に顕著なのがラブラドールとレトリーバーです」

ブリストル大学の「人と動物の関係学研究所」の所長となった博士は
10年間犬の行動を研究し犬の孤独を改善する心理的な技術を編み出した。

「飼い主の外出を違うパターンで犬に示さなければなりません。
出てすぐ帰る訓練をするのです。犬がおとなしければご褒美をあげください。
そうすれば犬は主人が出かける→すぐ帰る→ご褒美と楽しいパターンでインプットされ、
パニックにならなくなります。

コートを着て、車の鍵をもって外に出る。すぐさま戻る。
そうすると犬が思っている飼い主が出かけて悲しいという予測を破る事になります。

動物達を現代の生活に適応させるために精神的に強くさせなければなりません。
そのときに飼い主の役割はどれだけ大きいことでしょう。

これからますます犬が家で留守番することが多くなり、
動物行動の専門家が必要とされるでしょうね。
獣医も病院に動物セラピストを置くか飼い主に紹介するか
そういった傾向になるのでしょう」


博士は続ける

「猫もストレスを感じるのですよ。しかし、飼い主がいなくなるからではなく、
好きな家具の一部がなくなるという感じでしょうかね」

Why dogs hate to be alone
by DAN NEWLING, Daily Mail


家の中にひとりぼっちでいるのが犬にとって苦痛の心臓破りなら
家の中からもれる灯りや笑い声を聞きながら
外で鎖につながれているに日本の犬たちはどんな思いでしょうか。
文化と呼ばれるものの洗い直しをしなければなりませんね。


バカにつける薬

Picture 1423

王子誕生の前の本日のデイリー・メールのトップ記事でした。

7月19日金曜日の午後、30度を越えた海辺のデボンで
通いく人たちは車のアラーム音ともに犬の叫び声を聞いた。

車の中には犬が取り残されていた。
窓が数センチ開けらているだけで、水もなにもない。
炎天下の中閉じ込められた犬がパニックになり、盗難アラームを作動させたのだ。

通報を受けた警察がすぐ現場にかけつけ、救出しようとしたが、
ショックのあまり半狂乱になっていた犬を引っ張り出すのは非情に危険であった。
冷やしたタオルを犬にかぶせて落ち着かせた後、
後のガラスをやぶり、救出した。

現場に居合わせた40人あまりの人たちは、怒りに燃えていたが、
救出された犬を拍手で迎えた。

飼い主はその後RSPCAへ出頭。


article-2372397-1AEB3EA5000005DC-181_634x622.jpg

MAIL ONLINE
写真も転載

飼い主が正気かどうか検証する時間はないので、迷わず直ちに通報すべし。



ついでなんかじゃなかった

Picture 1403

イギリスの犬の殺処分の判断基準を問い合わせして欲しいと
某行政動物愛護センターの所長さんからのご連絡をいただきました。
殺戮処分の頭数を減らすことに心を砕き、実績をあげていらっしゃる行政団体の方です。

イギリスのいくつかの団体に手紙を出して現状の犬猫殺戮処分に関しての方針や資料を求めました。
RSPCAから速攻で返事と資料が届き、以下はその手紙です。

安楽死に関するご質問ありがとうございます。

まず最初に私たちの日々の仕事の中に位置している困難な作業に関して、
どのようにやっているかを正直にオープンにお伝えすることは
非常に大切なことだと信じています。

残念なことに私たちはやる事すべて良い結果がでるという
完璧な世界に住んでいるわけではありません。
私たちがどんな動物を引き取っているか、とくに犬に関してご説明申し上げれば、
ご理解の手助けになるかもしれません。

RSPCAは健康な動物に対する安楽死は反対であるという立場をとっています。
しかしやむをえない状況のもとでは、たとえば、放棄されたり野良犬であったりして、
必要なケアを与えることのできる家がみつからず、長期に渡る苦痛を強いられる場合は
非常に辛いことではありますが、安楽死が必要であるということも受け入れなければなりません。
安楽死を施行するかどうかの決定はケースバイケースによりますが、
常に獣医の意見とアドバイスのもとに行われます。

RSPCAは通常のリホームセンターではなく、
最悪の状態で放置されたり虐待された動物をひきとります。
多くの犬は想像を超えた経験をし、
トラウマを抱えた状態で運ばれてくることを念頭に置かなければなりません。
この理由により、スタッフは犬の行動、先住動物の有無も含め、
リホームに適しているかどうかを正確に評価できる高い能力が求められます。
ここに至るまでにかなりの時間とトレーニングが必要とされることはおわかりいただけると思います。

動物の虐待を調査し、無用な苦しみを与える人間たちを起訴する福祉チャリティ団体は私たちだけです。
残酷に扱われ、虐待され、放棄された、一番助けを必要としている動物たちを助けるために
日夜全力を尽くしています。
インスペクターが保護し、私たちのケア下に入った動物たちは重度の問題行動や病気を持っています。

チャリティ団体の中にはリホームするのが難しい特定の犬種をひきとらない場合もあります
しかし私たちは犬種で差別することはなく、どれだけ助けを必要としているかで判断します。
また他のチャリティは残酷な扱いや虐待を調査することはしませんが、
私たちは加害者を追求し、被害にあった動物たちにとって一番いい結果になるよう最善を尽くします。

しかし同時に私たちは地域の人たちの安全も守らなければなりません。
ゆえにたとえ健康な犬でも、攻撃的であったり、危害をくわえそうだと判断した犬を
リホームするのは無責任であります。
犬の中には被害の度合いがあまりにも大きく、リホームが難しい場合もあります。
そんな犬たちを一生檻の中に閉じ込めておくのは残酷であり、悲しいことです。
そういうときに安楽死が選択されます。

RSPCAはリホーム可能な動物たちが安楽死をされないような世界へ向けて努力をしています。

Thank you for contacting us.
Kind regards
RSPCA Advice Team


K所長さんからご連絡をいただき、本当に嬉しかったです。

当ブログの最初のご挨拶に私は次のように書きました。

ついでにどなたかのヒントになって、
その結果日本で毎年殺戮される30万匹の犬猫の命がひとつでも救われるのなら
この世に生まれてきた甲斐があったというもんです。

本当は「ついで」なんかじゃかなった。夢見ていたことでした。


DOGS DIE IN HOT CARS

6042F2772Fevening_light_will_nicholls_YPA11_350x226.jpg

先日撮った数々の素晴らしい(!)写真がなぜかパソコンにダウンロードできませんでした。
かわりに本日はRSPCAの青少年写真コンテスト2011年、
一位に輝いた16歳のウイル・ニコラス君の作品をトップにお借りしました。


日本は真夏日になっていってるようですが、
くれぐれも犬を車の中に置いておかないように。
先日に引き続きRSPCAからのアピールです。

犬を熱い車の中に」放置しないでください。
死んでしまいます。

犬を置いて出ようとするあなた、残していく犬のことをもう一度考えてください。
放置するとどうなるかを。
たいして暑くない日でも車の中は耐えられない暑さになるのです。
外気温度が22度の場合でも、一時間以内に車の中は47度まで達します。

体温を下げるには犬は人間と違って、舌を出して放熱するしかありません。
しかし、暑い車の中ではそれができません。
日よけをしたり、窓を開けていても十分に体温を下げることはできないのです。
暑い車の中で苦しみながら死ぬのです。

動物福祉法のもと、私たちは動物の適切な世話をする義務があります。
動物の命を危険にさらした場合、起訴される可能性があります。
そしてあなたの思慮のない行動により、ペットが恐ろしい苦しみを味わったあげく
死を迎えるうということを一生背負っていかなければなりません。

もし車の中に取り残されている犬を見たら、警察に電話してください。

日射病の初期のサイン

犬種によってなりやすい犬があります。
たとえば短い鼻の犬、、太っている犬、筋肉のついている犬、長毛犬、
老犬、幼い、病気の犬、薬を飲んでいる犬。

体温を自力で下げることができなければ、日射病になります。

激しいあえぎ
過剰なよだれ
脈拍が速くなる
舌や歯茎が赤くなる
無気力
身体と精神の統合がなくなる
倒れたあと起き上がろうとしない
嘔吐、下痢
意識を失う

応急措置

犬が上記のような症状のどれかひとつでも示したら、涼しい日陰にうつし
、獣医をただちに呼んでください。一刻も争うので、緊急と告げるように。

日射病にかかった犬は体温を少しずつ下げていかなければなりません。
冷やした水を与える(ショックを与えるので冷たすぎはだめ)
霧水を吹きかけ、風を送る。
呼吸が安定するまで少しずつ水を口に含ませ続ける
あまり急激だと犬は震え始める。
少し落ち着いたら獣医に連れていく

暑い日は

犬が涼しいところに自由に移動できる状態にしておく。

車の中に置き去りにしなKればならない状況は絶対避ける。
旅行に連れていくのであるのなら、犬も一緒に行けるところにする。
さもなければ、最初から犬を連れていかない。

外に置いておく時は、日陰の場所に移動できるように。
水は常に豊富に。犬が倒してこぼれないような重いボウルに。

ガラス張りのキャラバンの中に置き去りにしないように。
たとえ曇りの日でも太陽光線はガラスを通して耐え難い暑さとなる

ブラッシングを頻繁に行い、余分な毛を除去する。
長毛犬は季節の始めと半ばに毛を短くすること
散歩は涼しい朝や夕方を選んで散歩にでること。
犬も日焼けする。特に明るい色の鼻や耳をを持った犬は
犬に使用できる日焼けクリームを獣医に相談してみること


DOGS DIE IN HOT CARS


9192F5452FDogs+die+in+hot+cars2C0.jpg

今は日射病と言わずに熱中症というのでしょうか?
たとえ窓を開けていても車の中に置いておかれた子供や犬を見たら
ただちに通報しましょう。殺人です。拷問殺戮です。



プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR