将来の飼い主たちへ

Picture 164
At Clifton Road

昨日の記事はめて知った方々にはあまりにもショッキングなようでした。
いただいたお便りをご紹介。

あざらし話。。。というかあの写真。。。
衝撃的すぎて、胸が苦しくなりました。
私はあざらしちゃんが大好きなのです。
あの愛くるしい目。
なにも疑わないあの目。。。
殴り殺すって手段も卒倒ものです。

自分が殴り殺されてみろよ、って言いたいですね。。


EXACTLY!!!


さて、この方のお子さんの学校では
学校の図書館のおススメ図書で動物殺処分の実態についての本が紹介されていたそうです。(東京都)

イギリスの犬猫保護団体の大切な活動のひとつに子供たちへの教育というものがあります。
RSPCAは教育相と協力しながら、小学校から中学校までの教育プログラムの中に
動物福祉の項目を入れています。

ドッグトラストのHP教育の項目より
ドッグトラストの教育プログラムは将来の飼い主に
責任ある飼い主とはどういう人なのかを、
楽しいゲームやさまざまな教材を使って教えてます。
このことにより、虐待したり捨てられる犬の数を減らすことができると信じています。


education1 (200x175)
写真ドッグ・トラストHPより転載

どの保護団体の教育ページにも充実した無料の教材がたくさんあります。
いつか日本の保護団体の皆様にも使っていただける日がくる事を願っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR