イギリス人には言えない

2011/ 02/ 12
                 
PICT0115 (500x375)
In the Pub at Oxford

散歩に連れ出すと見せかけて置き去りにされ、車のあとを必死で追いかける犬、

シェットランドテリアの雑種ジンジャーに新しい家がみつかる。

この記事参考↓

世界で一番CCTVが多い国

CCTVに映し出されたこの出来事は英国民の心臓をショックで引き裂いた。

4ヶ月犬舎で過ごしたジンジャーは新しい家へ移る。
新しい飼い主はサザンプトンに住む退職した男性だ。
何百人もの候補者から25名にしぼられ、その中から最も適した飼い主として選ばれた。
バンガローに一人住まいの男性はジンジャーが落ち着くまで名前を明かしたくないという。

犬舎長のメリーは次のように語った。
「彼は新聞を見て私たちに問い合わせをしてきた何百人のうちの一人です。
あまりにも問い合わせが多すぎて受付をやめなければならないほどでした。
ジンジャーにとってベストな条件は子供や他の犬や猫がいないシンプルな暮らしをしている人です。
新しい飼い主は退職しているのでジンジャーと過ごす時間がたくさんあります。
二回面会して一緒に散歩にいきました。ジンジャーは彼といてとても心地よさそうです。
ジンジャーは最高のチャンスをつかんだと思います。

今回は実に多くの人から、場所から、遠くはカナダから
ジンジャーの安否を気遣う連絡をいただきました。
ジンジャーをひきとりたいと言ってくれた人々のほとんどは
レスキューセンターへ別の犬を探しにいくと言ってくれました。

置き去りにされたことはもしかして彼女の人生の中で
一番いいできごとだったのかもしれませんね。
こんな素敵な家がみつかったのですもの。
ジンジャーはこの世に一匹ですが、このストーリーで多くの人々の心にふれ、
他の犬の家も見つかるようになれば素晴らしいことです。」

置き去りにしたマイケル・ハートリーとジェニー・ハドフィールドの2人は
動物虐待の罪で起訴されています

Mail Online 23Jan2011ノーマンテイラー訳
Ginger.jpg
置き去りにされたことが犬生でベストな出来事だったかものジンジャー
写真メールより転載


南極に置き去りにされたタローとジローのことは
イギリス国民には内緒にしておかなければなりませぬ。
知られたら一生口をきいてもらえないでしょう。

数ある動物虐待ショッキングニュースの中で、
「タローとジロー」と「宇宙に飛ばされた犬のライカ」、
そしてテレビで見た「蹴られても蹴られても
理由がわからないまま立ち上がろうとする豚」が
私の動物虐待3大トラウマです(泣)

スポンサーサイト
                 

コメント