FC2ブログ

英首相官邸の新しい犬

17920490-7414907-image-m-2_1567285336938.jpg

首相官邸の新しい入居者が決まった。

新首相となったジョンソン氏とパートナーのシモンズさんは
15週の仔犬を官邸に迎える。
ウェールズの仔犬繁殖場が放り出したジャック・ラッセルの仔犬である。
下顎がずれた売れない商品だった。

この犬は南ウェールズの保護団体フレンズ・オブ・アニマルズの
アイリーン・ジョーンズによって救出された。

首相官邸にはすでにバタシー・ホームからやってきたラリーがいるが、
官邸に属する猫とは違い、
仔犬はジョンソン首相とシモンズさん個人の飼い犬となる。
縄張り意識の強いネズミ捕り大臣のラリーとうまくやっていけるであろうかと
心配されたが、まだ仔犬なのでおそらく大丈夫だろう
というのが大方の予想である。

8月の初め、首相が官邸スタッフに犬を飼ってもいいかと伺いをたてたとき、
みんな大喜びでイエスと答えたそうだ。
散歩のボランティアの申し出もあるらしい。

首相とシモンズさんは保護犬を飼うことで、
来年4月から実施される仔犬繁殖販売を禁止する
いわゆるルーシーの法律を多くの人に知って欲しいと願う。

ルーシーの法律は仔犬繁殖業から2013年救出され、
2016年死んだカバリア・キング・チャールズ犬の名前が由来の法律である。
ブライアン・メイを含む著名人らを含む多くの人が長年の間闘って
勝ち取ったものである。来年からは出生地など、
法で決められたことを守らない限り、
仔犬仔猫の販売はできないことになる。


イギリスの政治家の公約の中で
動物の福祉に関することは必要かつ重要事項です。

それなのに、キツネ狩りを反対している85%の英国民に
「私はキツネ狩り好きよ」と言い放ったメイ首相。
首相の席争いのとき
「私が首相になったらキツネ狩りを復活させる」と言い放った
対抗馬のジェレミー・ハント氏。
彼らは坂を転げ落ちていきました。

当時環境庁大臣だったマイケル・ゴーブ氏が
ルーシーの法律をバックアップし、施行にまでこぎつけたのは、
彼の実行力の強さに加え、
英国において動物福祉がどれだけ国民の関心事であるか
十分認識していたからでしょう。

ボリス首相はビーガン・ダイエットを試みているそうですが、
今まで動物福祉に言及したことはありませんでした。
2017年にキツネ狩りと闘牛に反対意見を示していただけです。

しかし今回の首相就任の所信表明演説のときには
「英国民の心の中に深く根づいている動物への愛を思い、
世界でも最高水準の動物福祉国家となることを約束する」と説いています。

彼は果たして公約を守るでしょうか。

大丈夫だと思いたい。
ボリス首相のパートナーであるシモンズさんは自然保護活動家であり
動物の権利活動家なので、
彼が表明通りちゃんとやっているかどうか見張ってくれるでしょうから。


17920546-7414907-image-a-4_1567285545291 (Custom)

PHOTOS BY MAIL ONLINE
Mail Online
スポンサーサイト



プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Twitter
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR