FC2ブログ

合衆国独立記念日に花火大会に行かなかったアメリカ人たち


b5be1d945d1d5ddbac28ce936ea2f2d4 (Custom)


多くの人は花火が好きだ。

しかし残念なことに犬にとって花火は恐怖でしかない。
花火の美しさは犬の苦しみに値するだろうか。。
の答えを模索する前に
とりあえず、私達が国民の祝いの日に
犬たちのためにできることをやっていかなければならない。

7月4日ボランティアの人たちがやったことをご紹介しよう。

独立記念日、英国のガイフォークス・ナイトとともに
国中をあげて花火で祝う。
バーンという突然の大きな音は犬にとって
恐怖とパニックを引き起こす。

飼い主の愛情と安らぎが得られる家庭犬と違い、
シェルターの孤独な犬たちの恐怖は筆舌に尽くしがたい。

写真を見てほしい。

アリゾナ州、フェニックスのグッド・サマリタンの
ボランティアの人たちはフェスティバルに行かなかった。
代わりに恐怖におののく犬たちを慰めに
地域のシェルターに足を運んだのである。

Maricopa County Animal Care and Control が始めた
「犬たちを安心させよう」運動。
二つのシェルターに300人以上の人たちが集った。

開発部長のベン・スウォン氏

「地域の人たちがこれだけ反応してくれました。
私たちは助けるためにここにいるというメッセージを
拡散してくれたのです。
300人以上の人たちが花火の日、
愛が必要な犬たちと一緒にいてくれました。
人々の心を掴んだこの行動は
7月4日のフェスティバルだけではないと、
これ以降、フォスターケア、ボランティア、里親になりに
大勢の人たちが戻ってきてくれたのです」

参加したエイミーエンゲルさんも語る

「犬に歌を歌ったり、本を読み聞かせる人もいました。
ただそばにいておやつをあげる人も。
本当に素晴らしかった。
犬たちは私たちがそばにいることをとても喜んでくれ、
外の花火のことは気にしないようでした」

他愛、利他、無私、滅私の愛情溢れる人たち。
敬意をこめて脱帽


by Jakek Massey
Lad Bible


スポンサーサイト



プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Twitter
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR