FC2ブログ

年をとることを許された畜産動物



byc.jpeg

「このプロジェクトを始めたときに、写真を買ってくれる人がいるかどうか
自信がありませんでした」米の写真家アイサ・レシュコ氏は語る。

「ところがオンラインで公開したところ、メールが洪水のようにきました。
展覧会では人々が涙を流しながらかけよってきたのです。
まったく予期せぬことでした」

レシュコの作品集「年をとることを許された動物たち」は
変わった写真集である。 
普通食用動物は幼ないときに屠殺場に送られる。
私たちは畜産動物の年とった姿を目にすることはない。

写真の動物たちは多くは虐待から行政が介入し、保護し、
米国のあちこちのサンクチュアリーに引き取られた畜産動物たちである。

「このプロジェクトで動物たちに会えば会うほど、
救出されない不幸な動物たちの声になることが
大切だと思うようになりました。

畜産動物の製品は知っていても、実際の動物たちはみんなの目に触れない。
私の写真をみて彼らは品物ではなく、
個性や感情を持っている個々の生命であることに気がついてほしい。

ベジタリアンにせよ、肉食者にせよ、
畜産動物の実態を把握している人はあまりいないでしょう。
食用動物従事者はおびただしい数の動物の幼子を何の感情ももたず、
ルーティンで死刑場に送っている。
しかし食用動物に性格があり寿命も長いのです」

この写真集に登場する動物たちの多くはもうこの世にはいないが、
レシュコが彼らのことを語るときには人間の友達のように話す。
救出されたラッキーな動物たちを見ながら

「この子たちを見ると年をとるという事は
祝福されていることだと思います」と結んだ。



goat (Custom)
16歳のフォレスト 
サンタクルーズで仲間と一緒に屠殺されるところを救出
by Isa Reshko

hen (Custom)
年も名前もわからない救出された鶏
by Isa Reshko

goat 2 (Custom)
21歳のアルパイン 
飼い主が生活保護を受けるようになって救出
by Isa Reshko

horse (Custom)

28歳のバディ。目が見えなくなって保護所にひきとられる。
強いパニック症に襲われて、何か月も専門家が
トレーニングして克服。
眼球は最後は摘出となった。 by Isa Rehuko


pig.jpg
12歳のバイオレット、足がマヒしている
by Isa Resuko

Allowed to Grow Old Portraits of Elderly Animals from Farm Sanctuaries by Isa Reshuko
Guardian

年とった牛や豚や鶏を見たことがない。美しい。
本当は20年以上も生きるように神様に創られているのに。

スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Twitter
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR