社会の心臓部へと

Picture 412 (500x375)
At Compton Street

今は変わっているかもしれませんが、
私が日本にいたころは(25年前!変わってるって!)寄付金を募るチャリティ団体というと
本当にお目当てのところにお金が届くか不安でした。

イギリスには(ウェールズを含む)約200,000チャリティ団体があります。
(RSPCAの人気度はそのうち8番目)

イギリス人にアンケートをとると78%が過去4週間以内になんらかの寄付をしたと答えるそうです。
子供の誕生会などで「プレゼントはいりませんので、各自のチャリティにご寄付ください」とか
お葬式でも「お花は結構ですので、あなたのチャリティにご寄付ください」とよく言われます。

みんなそれぞれ自分が支援するチャリティを持っているということです。
歴史的なものや学校教育などもあるのでしょうが、
チャリティ団体の経営が第三者によってガラス張りになっているということで
自分が寄付したお金が本当に役にたっているのは間違いないということは安心です。

そのお目付けや役がチャリティ・コミッションです。
社会の心臓部としてチャリティ活動を機能させる支援をする団体で、
政府機関でありながら独立した役割を果たしています。

以下ホームページより抜粋

Charity Commission

その役割は

●法律遵守
●高い信頼性を確保
●機能の効率と社会へのインパクトを強化
●チャリティへ関心と意識を公共にアピールする


コミッションはチャリティの登録監視を行うだけでなく
事業計画の作成、支持、資産管運営方法、情報提供などのアドバイスをし、
団体が健全に運営され、社会の益になるように育てていくのです。

田中康夫さんの本に

「匿名のまま終わってしまう他人への慈善って日本には根付かないんでしょうかねえ。
年末になると街角でやってる救世軍の社会鍋にはお金入れる人、少ないのに、
もしかしたら名前を呼んでくれるかもしれない24時間テレビの募金には
ワンサカお金が集まるでしょう。
ファッション性がないとだめみたいです」という部分がありました。

でも一過性じゃだめなんです。「天然うなぎの卵発見」、「カイロで100万人行進デモ」、
「トヨタが出張ビジネスクラスオッケー」などのオンラインニュースなどに混じって
動物愛護団体も日常のトピックになっていくためには、
チャリティ団体の社会的位置を心臓部まで
もっていくように育てていかなければならないのです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR