FC2ブログ

子供たちに真実を学ばせよ

IMG_7324 (Medium)


屠殺場がガラス張りだったら、人はまだ肉を買うだろうか。

ビーガンの私はトム・ヒープ氏が推奨する
「子供たちを屠殺場へ見学に連れていこう」に賛成である。

食用肉の舞台裏は本当は非常に残虐なものなので、
秘密として隠しておいたほうが良いと考えているのなら、
あなたもその秘密隠しに加担しているということである。

食生活の大きな部分を占める肉は、
おとぎ話のコーティングに包まれ、
消費者のもとに届けられる。

子供の本には広く緑豊かな牧場で、
動物たちが幸せそうに草をはんでいる様子が描かれている。

スーパーの棚にはハッピー・エッグだの、元気な豚のソーセージ、
フリー・レンジのチキンなどの謳い文句が掲げられ、
マクドナルドはバーガーを買った子供に
ニコニコ笑っている牛のおもちゃを与える。 

ソーセージとベーコンのパッケージのどこに、
豚の体より小さいクレートに
地獄のような状態で何ヶ月も閉じ込められ、
麻酔なしで尻尾を切られ、
ガスで殺されるときはおびえた子供のような悲鳴をあげる
豚の様子を思いださせるものがあろうか。


肉産業のボスたちは
子供たちに屠殺場の中を知られるのが心配である。
そうだろう。そうだろう。
2009年から2016年までアニマル・エイドは
英国の11箇所の屠殺場をランダムに選び、
隠しカメラを設置した。
11箇所のうち10箇所で
虐待の確固たる証拠が浮き彫りにされたのである。


さて、英国肉加工協会は、
毎日数十人の子供たちの訪問を受け入れが難しいという。
おかしな話だ。
毎年10億匹の動物を処理するキャパシティをもつ屠殺場が?

子供は両親より正直であることが多い。
守りたいのは子供たちのその正直な心であり、
大人はそこから学ぶことができるのだ。

屠殺の現場を見た子供たちは傷つくだろう。
しかし子供たちはそこで、私たちにできることが、
ただ秘密にし続けることだけだと思うであろうか。


子供たちに真実を学ばせよ。
見学をした後、
子供たちはおそらくランチに二つの選択を示すだろう。
肉のランチ、野菜のランチ。
私にはそれが本当の教育のように思える。



by Chas Newkey-Burden
Why school trips to abattoirs are essential
スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR