引き取られて行く時、スタッフはみんな泣いた


6年前の話である。

15780_Marcel_2801.jpg

バタシー・ホームに保護されていた
8歳のスタフォードシャー・ブルテリア雑種のマーセル君
青いセーターを着て情けない顔をしていた。

6年前、犬を探して、バタシーに通っていたとき、
「長くバタシー・ホームにいる犬たち」というタイトルで
廊下に張り出しているマーセル君の写真を見た。

実に私好み。。。。

マーセルをひきとりたいと思ったが、
バタシー・ホームはアーチーを選んでくれた。
それでも誰も引き取り手がなかったら
マーセルももらおうと思いながら帰った。

数ヵ月後、アーチーの避妊去勢手術にバタシーに戻ったとき、
マーセルはもういなかった。
よかったなと思ったけど、ちょっと寂しかったのを覚えている。

その年の9月からバタシーホームの
ドキュメンタリー番組が始まったのが、
4週目はなんとあのマーセルが主人公なのだ!!

バタシー・ホームの檻の中が嫌いでオフィスで
スタッフと一緒に暮らしていたそうだ。
「いつもおならをするので困った。重要なゲストが来たときには
特に激しく、恥ずかしかった」とスタッフは口をそろえて語る。

いろいろなイベントに参加し、青いセーター姿のマーセル君は
いつもみんなの心を魅了したそうである。

そしてホーム生活180日を経て
マーセルは念願の自分の家が見つかったのである。

「マーセルが東ロンドンなまりを理解するのだったら
私たちは絶対うまくいくわ」という東ロンドンに住むご夫婦にひきとられ
楽しく幸せに暮らしている。

引き取られて行く時、スタッフはみんな泣いていた。


で、アーチーの近影

IMG_6459.jpg







スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR