FC2ブログ

民意が政府を動かす

IMG_6521 (Mobile)


英国の動物福祉向上の一環として、犬繫殖業に対するライセンス強化法を
導入する予定であると、環境省大臣アンドレア・レドソムから発表された。

以下は主だったものを抜粋

法案は8週以下の仔犬の販売を完全に非合法とし、
年に3回以上繫殖させる業者すべてに対して
正式なライセンスを要求する。
違法者は無制限の罰金、もしくは6ヶ月までの禁固、あるいは両方。

大規模な商業ブリーダーもライセンス収得のため
厳しい条件をクリアしなければならないが、
この新法でより影響を受ける対象は
年間何千匹もの犬を劣悪環境で販売する、
いわゆる裏通りのブリーダーと呼ばれる業者である。

彼らは仔犬の健康や福祉には関心はない。
予防接種も怠り、飼い主が購入後高額な獣医費に悲鳴をあげる。
病気になったり死亡したりする例は後を絶たない。

新案はオンラインで販売する業者にも
厳しいライセンス方式を適合。
飼い主がきちんとした販売者にアクセスできるよう手助けをする。
またこの法案はペットショップ、ペット預かり施設、
乗馬施設などにも適用され、
管理しやすい一つのライセンスとする。

アンドレア・レドソム氏

「ペットの飼い主、そしてこれから飼おうとしているみなさんは、
動物たちは幸せな環境で育っていると信じて疑わないでしょうが、
現実は無責任なブリーダーや仔犬繫殖場が金のために、
劣悪、非衛生な環境で次から次へと繁殖させた
何千匹もの仔犬たちなのです。

今後は法律を強化し、各地方行政に権限を与え、
速やかに法を遂行します。
動物の福祉を考慮しない業者には厳しい処罰を課し、
廃絶をめざします。

オンライン売買もブリーダーやペットショップと同じように
厳しいライセンスを義務付け、
購入者が誤解して買うようなことがないようにします。

この予定法案は
動物がその誕生から適正に世話を受け、
新しい家に安全に到着する準備ができたと確信して
初めて受け入れることができるようにするためのものです」



これは政府がいきなり法案を作ろうとしたのではなく、
一般の人たち、セレブたち、そして動物保護団体が声をあげ、署名を集め
政府に働きかけた結果です。

政府は選挙に勝つためには民意を無視できない。

そういうことです。


スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR