弱い決意

grieving-WeakResolutionlgfl.jpg



何度味わってきたことか

白くなった鼻ずら。よろよろ歩き

痛そうにゆっくりと床から身を起こす

眼付も変わって耳も聞こえてるんだか

追いかけまわしていた猫からは塀の上で冷笑されているし

固くなった顎で骨を嬉しそうにくわえるけど
そのまま私のバラ園にこっそり埋めているのを知っている

もう犬はいらない

代わりはいない。 死ぬたびに、心がボロボロになる
耐えられない

また愛して、また別れる

これで犬は終わりにしたというのが私の決意だ


ああ、どうか私の家の前で家のない仔犬たちが鳴いていませんように!


詠み人知らず






スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR