声を使おう


16ae0ec0a178867763dbee38691b08c5--animal-welfare-animal-cruelty.jpg


日、私は助けを必要としているすべての動物たちについて勉強し、
リサーチをし、資料や本を読んでいる。
サーカス、ロデオ、毛皮、畜産農場。痛み、恐怖、想像を絶する虐待。
研究科学者は痛みを与える。犬を雨の中で外につなぐ。
仔猫は溺れさせ、仔犬は焼かれる。
こんなのは氷山の一角だと調べてきた私にはわかる。

罪のない動物たちは選択の余地がない。
罪のない動物たちは声を持たない。
罪のない動物たちに降りかかる
恐ろしい殺傷行為は筆舌に尽くしがたい、
そして多くの人たちはそんなことを聞きたくない。

私達ひとりひとり、選択肢がある。ひとりひとり、声をもつ。
声を使おう。伝え、パンフレットを渡し、デモをし、手紙を書こう。
店をボイコットし、ご近所お隣すべてのドアをノックしよう。

あなたの、私の声を使おう。助けることができる。
ちょっと時間がかかるだけだ。

C. Ward



スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR