FC2ブログ

鎖につながれた夢を見る

IMG_6050 (Custom)

裏庭につながれた犬の一日

午前6:30

家の中でみんなが動き回っているのが見える。
でも誰も僕を見にこない。おしゃべりをして笑いあっている。
僕も一緒にいれたらなあ。

お腹がすいて喉も渇いた。
昨晩鎖にからまって餌と水のボウルをこぼした。
今もまだからまっている

午前6:45

鎖がきつくて、首に傷ができている

午前8:15

家の人たちはみんな出かけるようだ。
しっぽを振って皆のところへ駆け寄ろうとする。
でも鎖ですぐ後ろにひっぱられる。転んだ。

午前8:15から午後2:00

何をしていいかわからない。鎖があるので家も守れない。
玩具もない。他の犬もいない。
吠えればだれか気づいて、
何をすればいいか教えてくれるかもしれない。
一日中吠えることにした。

午後2:30

警察のような人がドアに張り紙をしに来た。
彼は哀れみの眼で僕をみた。そんなに悪く見えるのだろうか。
汚いことはわかってる。
でもいつも糞尿の上に座っていると、きれいにするのは難しい。
僕はぐるぐる回ってその男に吠えた。他にどうしていいからわからない。
道行く人たちに向かっても吠えた。

午後3:15

一番小さい人が家に戻ってきた。
僕と遊んでくれると思ったがそうではない。
僕は鎖でつながれた範囲でトイレを済ます。

午後5:30

家族がみんな戻ってきた。
家に貼られた張り紙を見て、僕に吠えるなと怒鳴った。
僕は混乱して行ったりきたりした。

午後6:00

家の中から食べ物の匂いがする。お腹がすいて喉も渇いている。

午後7:00

家の人がごはんと水をもって僕のところにやってきた。
僕は嬉しくてたまらず、飛びついてボウルをこぼし、家の人の洋服も汚した。
家の人はとても怒り、だからお前を家に入れないんだと言った。

午後7:30

また独りぼっちの夜。鎖につながれた夢を見る。
それしか知らないから。


untitled (Custom)

Tucker is Unchained


スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR