退役した軍用犬の事

IMG_6033 (Custom)

用事が済んだ軍用犬が安楽死させられるというニュースが
イギリス国内をザワザワさせました。
これで収まるわけは。。なかったです。やっぱり。

退役した軍用犬ケビンとダズは譲渡に不適当と判断され、
今週中に安楽死用の注射を施されることになっていた。

二匹の救済に踏み出したのは議員で、自身もアフガニスタンで
職務についていたサー・アランダンカンである。

防衛相の同僚に執行猶予を仰いだ。

事態は急展開し、月曜日ダンカン氏より発表。

「軍用犬ヒーローのケビンとダズが救われた。
非常にうれしく思う。
彼らは今や幸せなそして彼らに値する退職生活に入ることができる」

外務大臣も先立ってこのヒーロー犬、ベルギー・シェパードに関して、
「彼らは恐れることなくイギリス兵士とともに戦ってきた」と訴えていた。

「私達のために戦ってきた犬たちに
今度は私達が彼らのために幸せな生活を送れるよう戦おう。
もちろん市民の安全を確保するために譲渡する前に
きちんと査定しなければならない。
正当な方法で危険であると判断された犬のみ安楽死の対象となる」

署名は元イギリス兵士、そして作家でもある
アンディ・マックネイブの呼びかけで始まった。
アフガニスタンでの軍用犬のこの2匹と、
ドライバーという名前の退役警察犬の救命嘆願書に
37万人以上の人たちが署名をした。

アンディは語る。

「素晴らしいニュースだ。
私が戦場にいたとき軍用犬は爆弾の場所を探知し、
数え切れない人命を救った。 
アフガニスタンで犬たちは
IED(即席爆発装置)を探知した。私は列の3番目にいた。
犬のおかげで私は今ここにいることができる」

9歳で4年前に戦場から退役したケビンとダズは、
ドライバーと一緒に譲渡される予定である。

The Guardian UK



kevin


黙っていないイギリス人はよろしいが、
戦争も軍用犬もいらないです


スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR