世界は良くなった。スピラがいたから 5

IMG_5953 (Custom)


Q: あなたの活動に興味をもっている人はたくさんいます。
しかし未経験の人、お金のない人など、フルタイムで活動をするのは
難しい人たちがいるかもしれません。どこからどうやって始めたらよいか、
アドバイスを頂けますでしょうか

A: ナチュラル・ヒストリー・ミュージアムの活動をやっていたときは
私はフルタイムの教師でした。レブロンのキャンペーンのときも
まだ教師をやっていました。
思うよりも時間の配分は上手にできるものですよ。
本当に何かを成し遂げたいと思ったら、
時間はいくらでも見つけられると思います。

編集者に手紙を書くことから始めてはどうでしょう。
一般枠の投稿で地域のコミュニティや学校などの新聞に
投稿するのはいかがですか。
ニューヨーク・タイムズの一面にの載せるフルページの広告から
スタートする必要はありません。
投稿する場所はたくさんあります。
あなたが本気であり、良質な記事を書く事ができるならば。


Q: 動物擁護者がおかす最も多い間違いとはどんなものでしょう

すべてが一日で成就すると思いこむこと。
無理でしょう。
一歩一歩の積み重ねです。実行可能なことから始める。

たとえば、学校や職場の食堂に、
もっとベジタリアン・メニューを出すように依頼する。
地域の新聞に記事を投稿する。
あるいは食卓にのる食べ物がどういうふうにやってくるかを
新聞記者に書いてもらうよう興味を抱かせる。
あなたが書かなくてもいんです。マスコミの記者に書かせるのです。
図書館にもあなたの好きなビーガン主義や
動物の権利についての本を置いてもらうように説得する。
一人だけでもできることはたくさんあります。
この積み重ねがやがて大きな成果を生むようになるのです。

動物のために闘っている間、
血が逆流するような事に出くわすことが非情に多いでしょう。
ナチュラル・ヒストリー・ミュージアムの手足を切断される猫たち、
メキシコの残酷な牛の殺害方法、レブロンのウサギ実験などなど。
それを知ったとき怒りに燃えませんか。あなたはそれもどう対処しますか

この世界を聖者と罪人、良い人と悪い人に
分けてみるべきものではないと思います。
たとえば人間は動物を食べることを
意識して選んでいるわけではありません。
小さいときに、肉を食べると強くなると言われて育っている。
研究者は動物実験をするものだと受け入れています。
それに対しても意識的に選択しているわけではありません。

あなた方が攻撃しているのは
実は個人個人ではないのだと思います。
人々を下劣で卑劣だとみるのではなく、
システムを変えたいと思うことです。
それがわかれば、個人をつるしあげ、責め立てるのではなく、
問題に焦点を当てる事ができるようになります。

Q: 今後、活動家はどんな目標をたて、どんな事が達成できるでしょうか。

一番大切なことは畜産業の実態をみんなに知ってもらうことです。
ビーガン・ダイエットを促進することも欠かせません。
このふたつは個人の健康のためでもあり、
環境を守るという点から非常に大切なことです。

一人一人の努力がどんなに小さくても、
大きな変化をもたらせることができると信じること、
それがすべてでしょう。

新聞に一つの投稿をする。それが自信を与える。
カフェテリアにビーガン品を増やさせたとなると、
それがまた、自信となってさらなる行動へとつながる。
最初は達成しやすいもの、できるものから始め、
あなたと同じような活動をしている人とネットワークを作るのです。


23807290146_90f5c14898_b (Mobile)

このインタビューはこれで終わりですが、
スピラ氏にはまたちょこちょこ登場していただきたい。


スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR