私に何の関係があるというのだ 

What's That Got To Do With Me? イギリスの動物福祉

私は幸せを願う母である


DEPrGEpXgAMXoI9 (Custom)


私がひきとったのは推定10歳のミスター・ボーンというピットブルテリア。
ニューヨークのアニマルケア・コントロールで殺処分を待つ身であった。

彼と暮らし始めて4年半だが、その間5回の口腔手術を受けている。
今日はその5回目の手術の日だ。

ミスター・ボーンの口は人間から虐待され傷つけられたとみられる
大きなダメージがあり、
2012年からドクターたちは懸命に治療を続けてくれている。
私は仕事を休んで、彼の手術すべてに付き添った。
投薬し、痛みをとり、清潔を保つ。手から食べさせ、
アパートの階段を35キロの身体を抱えて登ったり下がったりした。
買い物に、調理に多くの時間を費やし、クリームチーズ、
ターキーをボイルして、缶スープやツナ、ロティサリ・チキンまでも動員し、
食欲をそそられるようなものをあちこち探した。
そうしたら、こっそりその中に薬を忍び込ませることができるから。
肉を食べない私にとっては、けっこうチャレンジであるが。

今度の手術は一週間ほどで回復するだろう。
殴られたため、ほとんど歯がない。
半凝固してダラダラ流れている血も止まるであろう。
薬漬けの状態から抜け出すことができる。

このよだれだらけのキスを受けた人たちすべて、
ミスター・ボーンがこれまでよく頑張ってきた証だと思ってくれる。
舐められながら、いい子だいい子だと言ってくれるのだ。
彼が人間を許してくれるように。
そしてまた犬となるための戦う力をもってくれるように。
.
家族には7年前にアニマル・センターからひきとったシャロンもいる。
この2匹のため、トレーニング、行動セラピー、心身リハビリテーションに
長い年月と何千ドルを費やした。
彼らのことが心配で夜も眠れない日もあったが、
彼らが次々と問題を克服し、できる事がひとつひとつ増えていくたびに、
言葉にならない喜びをもたらしてくれるのである。

この2匹は私の子供である。
私はこの子たちが世界で一番幸せになるように頑張ってきた。
この子たちも私をすぐ信頼してくれた。

ニューヨーク・タイムズ紙で、
ペットの親が自分たちのことを親と呼ぶ風潮を
バカにする記事を掲載していた。
個人的にも批難されたことがある。でももう気にしていない。
私はこの子たちの幸せを願う親である。
親や子供という言葉は一つの定義ではなく、
流動的な無限の意味を持つ言葉である。

私の話は特別なものではない。
みんなそれぞれ、ミスター・ボーンのような犬たちに
関わっているに違いない。
これを読んでいる人たち、あなたもきっとそうであろう。
私のように子供たちを育てるのに忙しく、目をまわしている。
彼らにとって世界中で一番すごい母となって。

Elli Frank


https://pupjournal.com/dog-child-no-wont-stop-calling/?utm_content=bufferafd8d&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=buffer


pit-bull-door-mat (Mobile)