英国のスーパー買い物客が実験台になりそうだ

veg (Custom)

 

オックスフォード大学とスーパー・マーケットのチームアップで

スーパーのとローリーの中身を劇的に変えようという試みが始まった。

 

大手スーパーのセンズベリーがキーコラボの立役者となり、

5百万ポンドの資金を投じたプログラムは

OUR PLANET, OUR HEALTH と命名され、

劇的な温暖化に突き進んでいる地球に歯止めをかけ、

かつ人間の健康を改善しようとしている。

 

その重要な役割を果たすのは肉の消費量を減らし、

野菜や果物をもっと摂取することであり、

人間の健康と地球の環境両方に利益をもたらすとチームは言う。

 

まずスーパーの陳列棚のデザインを変えることから始まった。

 

肉の代用品を肉製品と同じ棚に並べる

ベジタリアン商品を購入した客には

バウチャーやポイントを提供す

肉を減らす方法や野菜中心料理のレシピを提供する

 

イギリスではすでに肉の消費量を減らすという動きは定着しているが、

オックスフォード大学の栄養士、政治経済学者、疫学者が

環境にもたらす影響も含めて、更なる肉の減量を、

消費者の日々の食生活を担うスーパーと共に、

一般の人々により多く広めていきたいと思う。

 

肉を減らした食卓でも多種多様な選択肢、

特に野菜や果物のバラエティの豊富さを強調したいと

スーパーは考える

たとえば野菜で作ったスパゲッティや

ラザニアシートをご案内し、

お客様に積極的に使ってもらうようにします。

また今までノン・ミート製品は特定の売り場に限られていましたが、

今は普通の肉売り場に置くようにしました。

ベジタリアンや肉代用品のレシピを店内に張り出し、

購入したお客様には

ポイントボーナスやバウチャーを発行するようにします。

 

いろいろな方法でアプローチすることができます。

大切なことは科学的根拠に基づいて行う必要があり、

その方が消費者の皆様にも説得力があると思っております。

その意味で今回のオックスフォード大学とのコラボレーションは

さに的を得たプロジェクトであると歓迎しております」

 

The Guardian 22/01/2017

All change in the aisles to entice us to eat more veg

写真もその記事から

 

6,7年前までのイギリスはベジタリアンやビーガン料理は

バラエティがなかったし、ぐちゃぐちゃで美味しくありませんでした。

今はスーパーでの売り場もどんどん広がってきていますし、

レストランもたくさんあり、存在感が増してきました!

料理は肉の欠落感はなく、洗練されとても美味しくなってきています。

何より殺害の概念がつきまとうものを、後ろめたい気持ちで食さなくてよい。

心から食べることを楽しむ事ができる。


それにしても、ツィッターで拝見する日本のベジごはん、ビーガンごはんは

プレゼンテーションも綺麗だし、本当に美味しそうだなあ。










 

スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページはただいまサーバーの不具合で閉鎖中
少々お待ちください。
contact: alicetigger24★hotmail.com

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR