ツバメが地面に落ちていたら

IMG_4005 (Mobile)
我が家の庭から見えるサッカー場です。
夜9時過ぎてもまだ明るい空

羽と足が短いため、スイフト(アオツバメ)は、
よっぽど強靭な体力の持ち主でない限り、
一旦何らかの理由で地上に落ちると、
平たい面から再びの離陸はできない事が多い
そうなると死が待つのみである。

もし地面でもがいているツバメをみたら、そっと拾い上げる。

まず
怪我をしていないかチェック
胸が削げ落ちていないかチェック(飢餓状態をみる)
赤ちゃん羽かどうかチェック

怪我をしていないようだったら、
手のひらにのせ、二階の窓へ連れていく
燕の頭を手の先のほうへ向ける
手の平を高くあげ、窓に近づける
こうすると鳥は翼の下に風を感じ、ハッとなり、
自信をもって飛び立っていく

しかし飛び立つ様子がなかったり、怪我をしていたり、
若すぎる燕だったら箱の中で保護する

ツバメは年齢に関係なく、地面にある餌を拾えないので、
給餌が必要になる。
また個人で世話をすることはほぼ不可能なので、
できるだけ早く専門家に渡す
それまでに脱水を起こさないために綿棒や指で水を与える。

ツバメの飛行スタイルや距離を考えると
翼の状態は100%完璧でなければならない。
ちょっとでも翼にダメージを受けているようであれば
すぐさま鳥専門の獣医の助けを求める。

http://www.rspb.org.uk/
RSPB (Royal Society for the Protection of Birds)
1889年 女性のファッションに使われる鳥の羽使用の廃止を求めて
作られた団体です。鳥に関してはイギリスで一番大きなチャリティ団体で、
鳥のご意見番、鳥のRSPCAのような感じです。

今は鳥も含め、多くの野生動物の保護活動をしています。
素敵なサイトですので、ぜひご覧になってください。


スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR