無条件にイエスと答えましょう

IMG_3964.jpg


数か月前、僕とガール・フレンドのラーラは8歳のコッカスパニエルをひきとりました。
名前はルフィオです。我が家にはすでに仔犬から飼っているワイリーがいます。

年寄りの犬は仔犬と比べて本当に手がかからないのでしょうか。
活動的な我が家に適応するのでしょうか。実験です。

2年前、犬収容所から母親と仔犬たち全部ひきとった友人が、
そのうちの一匹を持ってきました。
ワイリーはそういうわけで我が家の一員になったのですが、
私の人生を劇的に変えました。もちろん良い方向へ。
種が違う同志で、ここまでぴったり親密になれるものかと自分自身でもびっくりしましたし、
私とワイリーの結びつきを見た人はすべてうらやましがったものです。

ラーラも例外ではありません。そこで僕はラーラのために新しい犬を飼うことにしました。
彼女はフルタイムで働いているので、手のかかる仔犬よりは成犬のほうがいい。
しかも老犬をシェルターからひきとる感動のストーリーは
ラーラの優しい心を刺激したようであります。

私たちの希望条件はしかしながら難しいようでした。

小型犬だが、大型犬のように振舞う。
老犬だが、さほど老犬のように見えない。
活動的な私たちと一緒に行動する。

いろいろな候補犬をみましたが、
ぴったりくる犬にはなかなか出会えませんでした。

ある土曜日、保護センターに行き、
悲しい目をしたキャラクターあふれる小さなスパニエルを見つけました。
ワイリーともうまくやっていけそうだと確信して、
書類にサインして、270ドル払って、ひきとりました。
名前はすでにルフィオと決めていました。

とりあえず、すべて順調にいっていましたが、
車の中で私が置き忘れていたベーグルをルフィオが見つけ、
食べ始めたところを、私がとりあげようと手を出したら歯をむきました。

ラーラはショックを隠し切れませんでした。ほとんどの人がそうでしょう。
しかし、保護犬の中には最初は少々荒れる時もあるんだ、
最悪の場合は、僕と君を合わせれば、
数キロの体重のスパニエルより強いんだからとラーラに説明しました。
家に戻ったときルフィオは部屋の真ん中におしっこをしました。


ルフィオの過去はこうです。

7年間過ごした家族は、4人目の子供ができた時、
殺処分率の高い収容所に連れていきました。
やせ細ったルフィォは一緒に暮らしていても
愛されず世話もされずに過ごしていたのだと思います。

ルフィオは最初は「骨」が何かわかりませんでした。
ボールも何のためなのかわかりませんでしたが、
弾むのを見てあれだけ喜ぶ犬を見た事もありません。
誰とも餌を争う必要がないと判ったとき、唸り声もなくなりました。

中略(ルフィの歯がボロボロの話や持病の話)

さて、これでも老犬を引き取るのは価値があるのかと聞かれましたら、

アレルギーで苦しんでいるコッカ・スパニエルを
少し眠らせてあげようと一晩中撫でている(そして全然寝ていない)私に聞くのなら,

無条件にイエスと答えましょう。

愛されず、虐待され、怯えて生きてきた、
ただただ悲しいだけの動物が、新しい生を楽しみ、
幸せになっていくのを見守る事の喜びと恩恵を表す言葉はありません。
仔犬の時から自分が考えた型通りに育てていくこととは
まったくの別の物であります。

一番最初に骨を与えたときの不思議そうな顔。
そしてそれが素晴らしいものだと、
彼だけのものだと理解したときの輝く瞳は
どんな苦労もどんな大変さも吹き飛ばしてくれます。
すべて報われ、価値のあるものになります。
私たちの人生もルフィオが家族になってくれたおかげで豊かさを増しました、

あ、そうそう。今度のルフィオの散髪時はモヒカン刈りにする予定です。

phts0fhy3nam9qi2sg6b[1]

紫の恐竜が宝物


スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR