イングランドにおいて幸福の意味を 知っている動物は存在しない

IMG_3780.jpg

動物農場(Animal Farm) 1945 ジョージ・オーエル著 
H. Tsubota 訳

イングランドの農場で長老の豚が仲間の動物を集めて演説する場面です。


「さあ同志諸君。我々の生活の本質とは何か? それについて話そう。
我々の一生は悲惨で困難に満ち、短い。
我々は生まれると同時に体を肥え太らすための多くの餌を与えられる。
そして我々のうちそれが可能な者は精根尽き果てるまで働かされる。
やがて我々の利用価値がなくなるとその瞬間に
我々は恐るべき残酷さで屠殺される。
イングランドにおいて幸福の意味や老後の余暇というものを
知っている動物は存在しない。
イングランドにおいて自由な動物は存在しないのだ。
動物の一生は悲惨で隷属的である。これが率直な真実である」

「しかしこれは単純に自然の摂理と言えるだろうか? 
まともな生活を送ることを許さないほどに
我々のこの大地が貧しいためだろうか? 
否。同志諸君。千回もの否! 
イングランドの土壌は豊かで、その気候は穏やかである。
現在そこに生活する動物の数を大きく凌ぐ豊富な食料の供給が可能である。
それではなぜ我々はこの悲惨な状態のままなのか?
それは我々の労働の生産物のほとんど全てが
人間によって盗まれているからである。
同志諸君。これが我々全員にとっての問題の答えだ。
一つの言葉に要約できる……人間。
人間だけが我々に対する本当の敵なのだ。
人間を追い出そう。
そうすれば飢えと過酷な労働の根本的な原因は永遠に無くなるのだ」

「人間は生産することなく消費をおこなうただ一種の動物である。
彼らはミルクを出さない。彼らは卵を産まない。
鋤を引くには弱々しすぎるし、ねずみを捕まえられるほど足が速くもない。
しかし彼らは全ての動物の主だ。
全ての動物を働かせ、その見返りに飢え死にしないだけの最低限だけを
動物に分け与えて残りを自分で所有するのだ。
我々の労働は土地を耕し、我々の糞は土地を富ませる。
しかし我々の内にその素肌以外に所有物を持つ者はいない.


「その悲惨な一生ですら我々は全うすることはない。
私自身のことで愚痴を言うつもりはない。私は幸運な者の一頭だ。
私は十二歳で四百頭以上の子供がいる。これは豚にとっては自然なことだ。
しかし最後の冷酷なナイフを逃れられる動物は存在しない。
私の前に座る若い豚たちよ。
君たち全員が一年以内に悲鳴をあげてその一生を終えるだろう。
我々全員が必ずこの恐怖を体験する……牛、豚、鶏、羊、全員だ。
馬や犬の運命も大差ない。
ボクサー、君のその素晴らしい筋肉が力を失ったまさにその日に
ジョーンズは君を屠殺屋に売るだろう。
屠殺屋は君ののどを切り裂き、猟犬の餌にするために君を煮るだろう。
犬の場合は年をとって歯が抜ければ
ジョーンズはその首にレンガを結びつけ近くの沼で溺死させるだろう」

「同志諸君、この我々の生の全ての不幸が
人間の横暴に由来することは水晶のように明瞭ではないだろうか? 
人間さえ居なくなれば我々の労働の生産物は我々のものとなる。
ほとんど一夜にして我々は富を得て自由になれるのだ。
それでは我々のすべきことは何か? 
昼夜を分かたず全身全霊をかけて人類打倒のために働こうではないか!
同志諸君、これが君たちへの私の伝言である。反乱だ! 
私にはいつその反乱が起きるのかはわからない。一週間以内か、百年以内か。
しかし私にはこの足元の藁を見るのと同じくらい確実にわかる。
いずれは正義がなされる。
同志諸君、君たちの残り短い一生を通してしかと見届けてくれ! 
そしてぜひ私のこの伝言を君たちの後に続く者に伝えてくれ。
将来の世代が勝利をおさめるまで闘争を続けられるように」

「同志諸君、憶えておいてくれ。
君たちの決意は決して挫けないということを。
どのような論争も君たちを迷走させることはない。
彼らが君たちに人間と動物は共通の利益を持つ、
片方の繁栄はもう一方の繁栄であると言っても耳を貸すな。それは嘘だ。
人間が自分以外の生き物の利益に奉仕することはない。
そして我々動物の間に闘争における完璧な団結、
完璧な同志意識を育もうではないか。全ての人間は敵だ」




スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR