誓いは本気でした

12694593_954400738001202_7623159685452159831_o[1]


4年前、神奈川県動物保護センターに保護され、そのままセンターで育てられたブッチ―。
今は優しい飼い主さんのもとで幸せに暮らしつつ、
同センターのフェイスブックのPR大使として大活躍です。

今年2月12日からスタートした動物保護センターの元気なフェイスブック。
ボランティアの皆様と一緒に楽しい行事や譲渡会を次から次へと開催し、
参加者の方々もどんどん増えていらっしゃるようです。

私がいつも胸に抱いているのは
平成25年9⽉26⽇やすらぎの丘の動物慰霊式にて
神奈川県動物保護センター所長が読まれた慰霊のおことばです。

以下は全文です。

「ヨーロッパを追い越してみせますとも」
http://catsanddogs75.blog136.fc2.com/blog-entry-446.html 

その最後に誓われた事があります。

最後になりましたが、ここに眠る、悲しい犠牲となった動物たちが
1 頭でも少なくなり、
人と動物の共生社会が一日も早く実現するよう、
ここにいる一同全員が努力することを誓いまして、
動物達への慰霊の言葉といたします。


この誓いは、本気でした。

むかい風が吹く日もありましょうが、ブッチ―は大きな舌をはためかせ、
誓いを死守すべく、ポジティブで明るくフェイスブックを更新しております。

皆様もどうぞ神奈川県物保護センターPR大使 ブッチ―のフェイスブックを
応援してくださるようお願いいたします。

ノーマンテイラー邦子



スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR