私にだって問題があった

cherryblos.jpg


家のない犬をひきとるすばらしさを言葉で言い表すのは難しい。
経験しないと真骨頂はわからないかもしれないが、
そこには特別な、今まで経験したことのない、
人生を変える恵みを受けとる事ができるという事をお伝えしたい。

私の場合は、一口に言えば、エマを貰ったときに
私の心の欠けていた部分がぴったり埋まったという感じである。
(自分の心にそんな穴があいていることさえ知らなかった)

エマと二回目に会ったとき、私たちの出会いは運命だと思った。
そしてその夜からエマは一人ぼっちで過ごす寂しい夜は一日たりともなくなった。

もしあなたが、シェルターから犬を引き取ろうと思っているが、
自分に合う犬がいるかどうかわからないと思っているのなら、
私は一歩踏み出すよう勇気づけたい。

私も自分が良い飼い主になれるかどうかわからなかったし、
問題があるシェルター犬をきちんとしつけることができるかどうかも不安だった。

しかしエマは私たちがお互いが今のままで充分だと、
エマも今の自分でいい、私も自分のままでいい、
無理をしたり、グレードアップしなくてもいいんだと教えてくれた。

エマは少々問題があったが、私にだって問題があった。

でもお互いとても愛しあっていたので、
そんなでこぼこ道は二人で乗り越えていくことができたのである。

シェルター犬をもらう恩恵を以下に書き留めてみた

1. シェルター犬は心が壊れた人を助けてくれる

あなたはもしかして、
他人や自分を愛することが難しいという問題を抱えているかもしれない。
私はシェルター犬は愛することを私たちに教えるために
神が遣わしたものだと信じている。

犬は深い深い愛情を示す。
犬にしかできないやり方で、私たちに愛とはどういうものか教えてくれる。
そしてあなたがそそぐ愛情を
どの犬よりもありがたく思ってくれる犬はシェルター犬である。

2. シェルター犬は良い家庭に価する。

その通り。
虐待、放置、世話もトレーニングもされていないゆえに
問題があるとされるシェルター犬。
だからといって愛される家に価しないという意味ではない。

シェルター犬の人生は困難ばかりだった。私たちの多くもそうだ。
それゆえに私たちも犬たちも愛とケアのセカンドチャンスに価するのではないか。

3. シェルター犬は変わる

シェルターで見た縮こまっておびえていた犬は
あなたの家に来て一週間たった犬と同じ犬ではない。

シェルター犬は愛される安定した環境に身をおけば、
殻を脱ぎ捨てて輝く。
シェルター出身の動物の本は表紙だけでは判断できない。
その本に新しいストーリーをあなたが書き加えるからである。

4. 問題は問題ではない

私が恋に落ちた犬はありとあらゆる複雑な問題を抱えていて
やっていけるのかどうか心配していた。

大きな物音がするたびにカーペットの上におもらしする。一人を非常に恐がる。
ストレス発散のため家具を噛む。健康の面でも深刻な問題があり、
専門家の助けが必要であった。

しかしすぐにすべての心配は
想像したより重要なことではないということがわかった。

新生児を家に連れ帰ったときのようなものだ。
愛らしいその顔をみたとたん
私はこの可愛い毛のはえた赤ん坊が必要なことは
心から愛をもってやれば、すべてうまくいくとわかった。

5.シェルター犬が教えてくれること

シェルター犬が見せる驚くべきスピリットにどれだけ勇気づけられることか。
彼らは想像もつかない心身の痛みを味わっているはずである。
しかしそれでも彼らはセカンドチャンスを与えてくれる人たち誰に対しても
無条件の愛を喜んで与えてくれる。

シェルター犬の多くは雑種で、純血種を求めている人には望ましくないかもしれないが、
しかしその欠陥でさえも犬に何者にも代えがたいキャラクターを付け加えている。
片耳だけが風に揺れ、曲がった尻尾。すべてが愛くるしい。

そしてこれは非常に大切な事なのだが、

シェルター犬が見せる驚くべき不屈の精神に触れるたび
私たちは自分が思っている以上のことができるんだという
素晴らしい勇気をもらうことができるのだ。

5 reasons to love a shelter dog





スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページはただいまサーバーの不具合で閉鎖中
少々お待ちください。
contact: alicetigger24★hotmail.com

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR