イギリスの男と女よ、いつまでこれを続けるのか

CrueltyFree1M[1]



動物の福祉と権利

 人間の利便のために動物を利用するものと言えば、ほぼ全部なのですが、
とりわけ、毛皮、動物実験、食肉、娯楽、狩猟などの残虐性は
一度知ってしまえば、何かせずにはいられません。

この分野は昔から一般大衆の目には触れさせず秘密裏で行っています。
そこに勇気ある御人が隠しカメラを持って潜入したり、内部告発をしたりして、
やっとその残酷な実態がわかるというわけです。

 私たちは、何か残酷なことが行われているのだろうと思いつつ、
しかし、自分に何ができると、目をつぶってきたのではないでしょうか。
仕方ないと思いつつ、「考えないようにする」「知らなかったことにする」と
見過ごしてきたのではないでしょうか。

 ポール・マッカトニーは
「もし屠殺場がガラス張りだったら誰も肉を食べないだろう」とキャンペーンしています。
毛皮を作るプロセスを見れば、二度と袖を通す気はならないでしょう。
 
以下はウィキペディアより抜粋


世界初の動物実験反対組織 イギリスの歴史的動き

 The National Anti-Vivisection Society (NAVS) は
ロンドンに本部を置くイギリスの動物福祉非営利団体で、
動物実験の廃止、そして人々に教育していくことを目標とする。

 当団体は1875年にミス・フランシス・パワー・コブによって設立された
動物実験反対のキャンペーンを行う世界初の団体である。
コブ氏は実験に反対するパンフレットや記事を数多く発表し、
ビクトリア女王、シャフツベリー卿などを含む多くの著名人の支援を得た。
また当時の社会運動の団体、子供や女性の権利のための団体などが、
動物実験反対の目標に賛同し、協力を惜しまなかった。

 当時は年間300以上の実験が行われ、動物が頻繁に使われるようになっていた。
動物実験を推進するグループは英国政府に1876年1月8日動物実験を管理する特別法を要請し、
動物実験が合法化されていくのである。動物実験所に秘密裏にライセンスを与え、
研究者や実験自体を一般公開せず、場所も隠した。どんな理由であろうと、たとえ議員であれ、
マスコミであれ、立ち入り禁止にした。それ以降1986年に新しい法律にとってかわるまで、
100年間、政府から科学界からも保護され続けた。
実験で使われる動物の数も研究所の数も雨後のたけのこのように増え続けていくのである。
しかし動物実験反対のグループも増えてくる。

ブラウン・ドッグ事件

 1906年、バタシー・パークに小さな小型犬テリアの銅像が置かれた。
ロンドン大学で秘密裏に行われていた
動物実験の犠牲になった犬たちの一匹を記念して作られたものである。
そこには次のように書かれている。

 「1903年2月、大学の研究室で死んだブラウンのテリア・ドッグを記念して。
次々に研究者の手に渡り死が自由を与えるまで数ヶ月間苦しんだ。
そして1902年に同じ場所で実験された232匹の犬の思い出も一緒に。
イギリスの男と女よ、いつまでこれを続けるのか?」

 この銅像はロンドン大学の医学生や研究者の怒りのターゲットになり、
銅像を守ろうとする人々との間で暴動が起こった。年老いたコブ氏もオフィスで襲撃されることになる。
 
数年の闘争を経たのち、銅像は1910年に忽然と消えてしまったが、
1985年にNAVSや他の団体とともに銅像が再生され、
記述の内容も同じにして、今現在バタシー・パークに見ることができる。

政府の動き

政府はNAVSや他の団体からの資料を集め1912年にその成果を発表し、
監視委員の数を増やした。痛みや収容の規定を付け加えたりしたが、
全面廃止から程遠いものであった。
非公開という件に関しては何もなされておらず、
動物実験反対の団体が外から抗議するしかなかった。
  
1963年には動物実験の数が最高潮に達するも、
一般人には何も知らされていないことには変わりはなかった。
法の改訂が必要かどうか監査する目的で委員会も設置するが、
動物実験を終了させるためには何の役にもたたず、法律も通過しなかった。
 
1970年までに600万の動物実験が行われるまでになっている状況に対して
NAVSは政府に強い抗議活動を行った。
ワクチンの実験用にインドから大量に輸入していたタアカゲザルはそのために絶滅の危機になった。
NAVSの代表はインドへ飛び、アカゲザルの輸入を禁止するよう説得した。1978年のことである。
 
1973年、NAVSは、第二次大戦で活躍したヒーローであったダウディング卿の冠をつけた基金を設置した。
卿は戦後NAVSの会長になり、国会で動物実験に関する素晴らしい演説を行い、議員の説得に努めた。
そして医療や科学実験においてダウディング基金による技術やテクノロジーを駆使した
動物に代わる実験方法を提案することによって何万匹もの動物の命が救われたのである。

 4月24日、ダウディング卿の誕生日を世界の反動物実験の日と定めたのは1979年のことである。

近代の動き

1983年、政府は1876年の法律を改定することを発表したが、改定案に斬新さは見られず、
NAVSをがっかりさせることになる。しかし今回は完全なる廃止には到達できないと認識して、
合理的なアプローチをとることにした。然るに、イギリスのほかのグループ、BUVA,
アニマル・エイド、スコティッシュ・ソサエティなどと組んで、
新しい法律のもとで廃止させるべき実験のリストを作成し、
薬の致死量、眼刺激性テスト、など様々なテストの廃止と法律の是正を求めて
長くハードなキャンペーンを行うのである。
それが実を結び、1986年5月20日改訂動物法(科学プロセス)の誕生を見た。
化粧品に動物実験廃止をさせるのは1990年の終わりまで実現できなかったが、
猿を実験に使う規制が始まっていた。

ミッション

NAVSは研究者、科学者、製造者、教師、政府のリーダーたちに
人間的なアプローチを教育することを使命としている。
それによって毎年多くの動物の命が救われ、子供たちがより安全で、
より健康的でより幸せな未来へと歩いていけると信じている。

British Union for the Abolition of Vivisection
The National Anti-Vivisection Society(NAVS)


スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR