批判ではなく代替え案を

SANPO.jpg

神奈川県動物保護センターボランティア通信第32号に記事を掲載させていただきました。
私の記事はさておき、ボランティア通信は非常に内容が濃いのでどうぞご一読ください。

ボランティア通信

ペットショップやブリーダーで次から次へと売られている命の横で
不要になった大量の犬猫たちをボタン一つでまとめて殺せばこんなに簡単なことはありません。

しかしそれをしないために、日本で、世界中で、多くの人たちが苦労しながら、
試行錯誤しながら、工夫しながら、大変さを厭わず、闘っているのです。

みんなそれぞれ、シェルターから動物を生きたまま出すという同じ目的に情熱を傾け、
日々献身的な努力を重ね、成し遂げようとしています。

それゆえ、もし誰かの、あるいは団体の軌道がはずれていると感じた場合は、
批判ではなく、代替え案を出しつつ助言すべきだと思います。

生命救済活動は同志のサポートなくして成功はあり得ません。
みんな大切なパートナーなのです。

スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR