すべての犬猫が家に飼われるという夢の実現

PetPersonalitiesWinner2014.jpg
Natalya Rigg, RSPCA 2014's Young Photographer Awards

イギリスでは動物保護センターから犬や猫を引き取るということは
自慢すべきことであり、社会的なステータスにもなります。
動物の問題は単に動物好きの人たちの間で完結するものではなく、
他の問題と同様、社会全体の問題であり、
皆が解決へ向けて関与していかなければならない
社会的責任としてとらえられています。

 1824年に当時の議員が世界初の動物福祉団体を立ち上げ、
1860年に一人の女性が世界初の犬の保護施設を始めたその精神は
今も確実に受け継がれ、連合王国全地域に
「健康な犬猫は殺戮しない」というポリシーのもと、
政府の援助一切なしに寄付金とボランティアで成り立つ、
動物保護シェルターやチャリティ団体を数多く存在させ、
本国イギリスだけではなく世界中に広がっています。

 イギリスが良くて日本が悪いという比較ではありません。
ただ「イギリス人の動物に対する特異な民族精神」なるものが
確固として存在しています。
その精神の一端を少しでもお伝えし、「どこか遠くの素晴らしい話」で終わらないよう、
どの国にいようと先達が到達してくれた時点から接木のように、
すべての犬猫が家に飼われ、可愛がられるという夢の実現にむかって
力を合わせて歩んで行きたいと思います。


私に何の関係があるというのだホームページより

ホームページの記事をバックアップのため少しずつアップしていこうと思っています。




スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR