ラナはとても悲しかった

IMG_3107 (Small)



メキシコ生まれのラナが兄弟と一緒に
トロントのシェルターに連れてこられた時はまだ仔犬でした。
それ以来短期間ずつ、いろいろなフォスター家族に預けられましたが、
問題は特にありませんでした。

5歳のとき、ひきとってくれる家族が現れたのですが、
ラナの所有物への執着が理由で戻されました。

ラナがレスキュー・センターに戻された日の写真を見てください。
頭を低く下げ、壁にもたれ、悲しみで心が張り裂けそうになっているようです。

2E032CB200000578-0-image-a-13_1446396033978 (Mobile)


スタッフの話によると、ラナはその日、一日中何に対しても反応せず、
動かず、散歩も拒否したそうです。

「彼女は自分の世界を閉じてしまったように見えました。
ラナが最初にシェルターに来たときは
私の手のひらに乗るくらいの小ささで
すべてのことに震え上がっていたのです。

5年間待って、せっかく新しい家族が見つかったのですが、
兄弟たちに餌を奪われたときの経験が
不幸なことに一度だけ本能として出てしまったのです。

飼い主に唸ったという事で、
小さい子供もいる飼い主は、ラナをシェルターに戻しました。

でも大丈夫です。次の日にはまたいつものラナに戻っていました。
スタッフを見て喜んでくれます。
まだ生涯の家は見つかっていませんが、
新しいフォスター・ホームへ行くことになっています」



MAIL ONLINE ABANDONED DOG LANA


スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR