別世界

inu.jpg

カンボジアの犬たちは自由気まま。
首輪も鎖もなく、あちこち好き勝手に歩きまわりつつ、
飼い主も家族もちゃんといる。

太っても痩せてもなく、
別段吠えもせず、
車を見ながら道路を渡る。
前をきりりと向くその横顔を見つめながら、

ワクチン接種とかリードをつけて散歩とか
しつけとか、そういったいろいろなものは
一体なんだろうと価値観が攪拌されました。

水上村の床下に
ハンドバッグ用に捕獲されたワニたちのケージのドアを
はずしたい衝動にかられつつ、

やはり、どこにいても、どの国でも
動物たち一匹一匹の命は同等に大切で
それを助けていく力の一粒になりたいと
確信したアジアの旅です。

スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR