永遠にあの子たちの場所がある


IMG_1929.jpg

The dogs who have shared our lives

共に人生を分かちあった犬たちは
確かな方法で彼らの魂がまだそこにいることを教えてくれる

特に昔の習慣を使って。

ドアのところで吠え声が聞こえたような気がする
おやつを床に落としたとき、思わず待ってしまう。
餌を置いていた場所にどうしても足がむく。

そして時々だが、本当にたまになのだが、
夜、家に戻ったとき
寂しくて寂しくて泣き崩れてしまう。

時が経ち、新しい友達がきて、新しいボウルに餌を入れるけれど
胸の中に永遠にあの子たちの場所がある

リンダ・バーンズ


更新が滞っておりますが、最近はお伝えしたいと思う記事に巡り合わないので、ぼちぼち。




スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR