ルディを見つけた日は宝くじに大当たりした日

2015/ 04/ 24
                 

IMG_1887 (Custom)


今月のバタシー・ホームのニュース・レターは老犬老猫特集です。

ホームは2014年10歳以上の犬猫224匹リホームしました。
猫138匹、犬は86匹。そのうち15歳以上は21匹です。
悲しいことに獣医費用がかさんだり、粗相をしたりするということで
捨てられる年寄犬猫が増えています。

しかし世の中にはこの黄金の年代の動物たちと生活を共にし、
楽しみを分かち合おうとする素晴らしい人たちもたくさんいるのです。
数あるエピソードの中のひとつをご紹介します。


両親を見送ったジェフとレマは念願だった犬を飼おうと
バタシー・ホームへむかいました。
ケント州に広大な家を持つ夫妻に選ばれる犬はさぞやラッキーな犬でしょう。

夫妻は語ります。
「バタシー・ホームのハッチエンド支所に行きました。
中に入るとと、吠えてないのはルディだけでした。
特に吠える理由もあまりなかったのでしょう(笑)
ルディは1歳になる前に足を2か所痛め、前の飼い主から放棄されました。
しかし私たちはこの小さい茶色のテリアをあきらめませんでした。

今や12歳になったルディですが、
今までにスペイン、イタリア、ドイツ、アンドラ、
リヒテンシュタインなど、あちこち私たちと旅行しました。

ルディが私たちを笑わせてくれない日は一日たりともありません。
ラッキーなのはルディではなく、私たちなんです。
ルディを見つけた日は私たちが宝くじに大当たりした日だと思っています」


rudi.jpg



スポンサーサイト