毎年バタシー・ホームの門をくぐるたち犬たちに


2015年3月17日、新装バタシー・ホームのオープニングにクィーンとエジンバラ公が出席

Kennel-Opening-2.jpeg

クィーンをお迎えしたのは、ボランティアの皆さん、犬たち、
ポール・オグラディ、アマンダ・ホールデン、デイビッド・ガンディー、
そしてジャクリーン・ウイルソン

rtaImage.jpg

クィーンは1956年以来、バタシー・ホームの後援者です。
本日はエジンバラ公とともに新しいホームを見学され、
動物たちをできるだけ早く、新しい愛情あふれる家に譲渡するために
このセンターが担う重要な役割をご覧になりました。

battersea 2

バタシーホームの所長クレア・ホートン
「バタシー・ホームの長い歴史の中で非常に大切な日である、今日という日に
クィーンがここにいらしてくださったことはどんなに素晴らしいことか言葉に尽くせません。
新しい犬舎はホームの歴史の中の最大の開発です。
王室の後援者がいらして、動物たちに会ってくださることを非常に誇りに思います。
多くの動物たちが新しい施設の恩恵を受けることを確信しております」

battersea 3

ビクトリア時代から使っていた犬舎を480万ポンドかけて新しくしました。
毎年毎年バタシー・ホームの門をくぐる、迷子になった、捨てられた、不要だと思われた犬たちに
暖かく安全な環境を提供します。

batteresea4.jpg

犬舎には静かな音楽が流れ、外へと続く通路はプールや小山、玩具、
そして犬たちを生き生きとさせる植物が植えられています

batteea5.jpg
BATTERSEA DOGS AND CATS HOME HOMEPAGE


いつもご訪問ありがとうございます。

ほぼ魚ベジタリアンである日本人の和食文化を
肉食イギリス人にご紹介したいと、ブログを始めてみました。
このブログでさえも、更新に勢いがないのに
時間的にちょっと厳しい感がありますが。
まあ、試験的なもので、いずれは幻のブログとなる可能性高いです(笑)
お時間があれば、ちょっと覗いてみて頂ければ嬉しいです。

A Japanese Diet on a British Plate

イギリスは桜と梅がきれいです。木蓮も蕾を膨らませ、控えております。
皆様のお住まいの地域はもう春になりましたか?
南半球の方もおいでになるので秋に入る方もいらっしゃいますね。
タイのRさん、40度越えました?
皆様、お身体にお気をつけてお過ごしくださいませ。




スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR