犬は私たちのところに来れば大丈夫です

IMG_1384 (Custom)


「犬をゲートに繋いで立ち去らないでください。

穏やかなラブラドールの老犬ハリーは、
ドッグ・トラストのニューブリーの駐車場ゲートに繋がれ、
放置されているのを見つけられました。

ハニーという名前で13歳。具合があまりよくないとメモが残されていました。

犬を手放すにはよほどのことがあり、
苦しい選択だったことだろうと思います。
けれど、直接私達のところに連れてきてくれたら、
ハニーにとってどんなに良かったかと思います。

幸いにもハニーは健康を取り戻し、地元の親切なカップルにひきとられました」

ニューベリーのドッグトラスト・マネージャーは続けます。

「どうぞどうぞ、犬を私達のところに連れてくることを恐れないでください。
敷居が高いと思う気持ちはわかりますが、
私達はあなたがもう犬を飼えくなったという状況が
どんなに不運なことかお察しします。

門に置き去りにせず、直接私たちの元に犬を届けてくれることができるよう
私たちもできるだけの事をします。
犬がどんな環境にいたかを少しでもいいから知らせていただければ、
次の家を探すのに大変助かるのです。

犬は私達のところに来れば大丈夫です」



IMG_1462 (Custom)

ドッグ・トラスト雑誌 「WAG」 より抜粋

これは本当の話です。コースに参加していたとき、
「犬を飼えずに連れてきた人たちに説教をするのか」という私の質問に、
「私たちは責めたり、注意したり、怒ったりしません。みんなウエルカムです。
連れてきた犬はギフトと呼んでいます。大切な事は犬が安全に手渡されることです」
とニコニコ顔で答えてくれました。
そう言えば、バタシー・ホームも「この犬はギフトだから」という用語を使っていました。
同じようなポリシーなのでしょう。

スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR