ベネトンにわかってもらおう


IMG_1341 (Small) (Custom)


アンゴラは動物繊維の一種で、アンゴラ・ウサギやアンゴラ・ヤギの毛を使う。
絹と同様、その生産方法は非常に残酷である。

ウサギはアンゴラ農場の小さいケージの中から一生出ることはない。
数か月おきに、皮をはがされたり、毛をむしりとられる。
しかも板に縛りつけられてだ。
あの小心な怖がりのウサギの痛みと恐怖を想像すると胸が締め付けられる。

H &M からフレンチコネクションまで、今や多くのファッション・ショップが
アンゴラ生産の残酷さに反対し、将来的にアンゴラ製品を店から排除すると決めているのに

世界的なブランドであるベネトンは
この非倫理的な製品の廃止をする意志もなく、
アンゴラ・ポリシーに関する顧客からの質問にも回答していない。

アンゴラ製品を店に置かないことによって
ファッション・ブランドの価値が増すことを
ベネトンにわかってもらうべく嘆願書を出そうではないか。


Benetton-button-2-copy.jpg

PETA UK

毎週土曜日は毛皮反対団体がCAFT - Coalition to Abolish the Fur Tradeも
毛皮服を販売しているロンドンのハービー・ニコラスの前でデモを行っています。


そして下のドイツの動物団体のビデオクリップ



クリップの説明
私たちは沈黙を破り、「何が行われているか知らない人々」に
このビデオクリップを提示します。
「動物たちの生命をどう扱うか」を心と知性で判断して頂けたらと思います。



スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR