凛とした非常に凛とした


IMG_1073 (Medium)



神奈川動物保護センターのボランティア通信に
今年9月に参加したドッグ・トラスト・インターナショナル・プログラムについて
数回に分けて記事を書かせていただく素晴らしい機会をいただいております。
第一回目の21号が出ました。

ボランティア通信21号

お時間が許せば、ホーム・ページから登録ボランティア情報へお入りになり
お目通しいただければ嬉しいです。

ご訪問の際、同センターのホーム・ページに
犬の殴打致死事件の経緯と対策が書かれてあるのが
お目に入るかと思います。

私はドッグ・トラストの研修を終えた直後にこのニュースを知り、
よりによってなぜこのセンターだったのかと大変ショックでした。

神奈川動物保護センターは昨年度、
病死などをのぞく犬の殺処分ゼロを開設以来初めて記録し、
今年度の上半期もゼロを続けており、マスコミにもたびたび登場する
パフォーマンスの素晴らしいセンターです。

事件そのものも胸をかきむしられるようなものですが、
一匹でも多くの命を救おうと懸命な努力をなさっているスタッフやボランティアの
お心を考えると、悲痛の上塗りでした。

しかし、センターはすぐ警察に通報し、動物愛護法違反と県の財物破壊の罪で
動物保護センター長名で正式な告発をしました。
殴打した人間は起訴され、処罰されたようです。
行政が動物を虐待する人間を告訴することがどれだけ有効なことでしょう。

凛とした、ひじょうに凛とした姿勢です。


それでは皆様、楽しいクリスマスをお過ごしください!



スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR