たとえ明日世界が滅びるとしても、 それでも私はリンゴの木を植える

IMG_0863.jpg

アメリカのアニメ「シンプソン」のプロデューサーであるサム・サイモン氏
はガンで余命宣告を受けている方ですが、
だからと言って、動物保護活動の手を緩めません。諦めません。

以前もサイモン氏をご紹介しました。

彼らが生まれて初めて草の上を歩くところを見たい

サイモン氏、今回はアザラシたちのためにカナダへ乗り込みました。
条件に書いてある2015年の12月にはもしかして
この世にいないかもしれないと彼も思ったはず。
それでもやる。

マルチン・ルターの言葉を思い出されます。

たとえ明日世界が滅びるとしても、 それでも私はリンゴの木を植える

December 17, 2013
Eldred Woodford, President
Canadian Sealers Association
368 Hamilton Ave.
St. John's, Newfoundland and Labrador

親愛なるウッドフォード氏

LAからニューファンドランド島のセントジョンズに
100万ドルの小切手をもって飛んできました。
受取人はカナダのアザラシ猟師たちとしています。

ただ、一つ条件があります。
単に外国資本の毛皮加工業者を潤しただけの最近の買収事例では困ります。
政府の権利買収に協力してくれるなら、
この金は直接カナダのアザラシ猟師たちへ補償として差し上げます。

先月のヨーロッパ連合のアザラシ毛皮製品輸入禁止に関して
WTO(World Trade Organization)が支持したことを受け、この申し出を決めました。

アザラシ製品を輸入しないという固い決意はヨーロッパ、ロシア、合衆国、
そして他の国々の壁に刻まれています。
「アザラシ猟は終わった」と。
オバマ大統領、プーチン大統領を含む各国のリーダーたちも
この決意を歓迎しています。

しかし、カナダの政治家たちは東部地方の有権者たちに影響を与えるのが怖く、
臆病にも買い取りを躊躇しています。
もちろん政治家は個々の漁師たちを心配しているのではなく、
自分たちの当選が気になるだけです。

だからこそ、私は取引のリーダーであるあなた方にこの申し出をし、
アスベストで苦しんだ炭鉱夫たち、たばこ工場の労働者、
そして廃頽していく産業で働いていた人たちを救ったように、
買い取りを速やかに行うべく、氷を割り、迅速に進めていただきたいと願っています。

CBCコメンテイターのジョン・ファーロングは、
セントジョンのコストコ・スーパーは
アザラシ猟が一年で取引する金額よりも多い売上を
一週末でできると言っています。
「このままずるずるとひきずるのはやめよう。
伝統的なアザラシ猟師にもニューファンドランド島にも環境にもフェアでない。
プラグを抜く時が来た」と。

大半のカナダ人も同じ気持ちです。
労働者と動物たちを両方助けるために同伴したパメラ・アンダーソンもそうです。

私の条件は以下です。

1.2014年の終わりまでに CSAは海洋漁業省の協力のもと、
アザラシの商業殺戮を永久に廃止し、
それに応じて猟師を補償をする法律を遂行するために両者の同意を獲得すること。

2.この法律は現行のライセンスを含むアザラシ猟プログラムを永久的に廃止し、
2015年末までに完全に実施されていなければならない。

3.この法律は、アザラシ肉を海外市場に売りつけようとする政府の
役立たずで高価なプログラムを永遠に停止させ、
海外のアザラシ猟廃止グループと戦う際の税金の使用
(何百万もが既に浪費されたプログラム)を
中止する効果をもたせなければなりません。

4.この法律は東海岸商用アザラシ虐殺のみに適用されます。
土着民のぎりぎりの生活の糧、および個人的利用でのハンティングは除外されます。
それでも、1個人当たり6匹までの制限つきです。

もし上記の条件をすべて満たせば、
サム・サイモン基金は2015年12月31日にアザラシ協会のメンバーに
100万ドル支払うことを約束します。

CSAの漁師たちにとってすべてを失うよりは、
海洋漁業省やその他の産業の株主に
今回の買収を了承するよう要求したほうがもっと得でしょう。
今やればあなたがたの労働者は.今100万ドル入るのです。


サム・サイモン


Sam-Simon-and-Pamela-Anderson-with-Million-Dollar-Check1-1024x683.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページはただいまサーバーの不具合で閉鎖中
少々お待ちください。
contact: alicetigger24★hotmail.com

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR