我々としては92%を目指しています

IMG_0605.jpg

K 様 ちょっとご無沙汰しておりますが、お元気でお過ごしですか。

日本の犬の殺処分は年々減少傾向にあり喜ばしいが、
猫がまだまだだとお心を痛めておられ、
イギリスはどうしているのかと宿題をくださいましたね。
お返事に時間がかかり大変申し訳ありませんでした。
本日RSPCAから返答をいただきました。

「日本では多くの子猫を殺処分しなければならないと聞いて胸が痛みます。
イギリスも猫の頭数は問題で、メールをいただいたときにちょうど
猫問題対処のレポートが完成されたところで大変タイムリーでした。

やはり不妊去勢手術です。我が国の手術率は高いと思いますが、
頭数を安定させる程度には至っておりません。
現状では86%の割合ですが、我々としては92%を目指しています

2010-2012年にかけて
RSPCAに運ばれてくる猫の数は8%増えました。
RSPCAの猫舎は満杯になり、私立の猫舎にお金を払って
置いてもらわなければなりません。
同時に里親は10%も減ってしまいました。

頭数をコントロールするには不妊去勢手術が
キーとなっているのは広く知られています。
しかしレスキュー団体の懸命な努力と資金援助にもかかわらず、
猫頭数は増え続けています。
もっと多くの手術を早急に実施し、
レスキュー・センターに来る猫の数を減らさなければなりません。

まず手術をするか否かというところから始まりますが、
RSPCAの獣医が2012年、
どうして不妊手術をする人としない人がいるのか調査したところ、
飼い主の中には一回くらい出産させたほうがよいと考え、
手術を遅らせる人が多いということが判明しました。

また猫の妊娠可能な年齢の知識がない人が多く、
予想外で子猫が生まれた人が85%もいるのです。

詳細なリサーチ結果をファイルにしてありますのでご覧になってください。

Tackling the cat crisis

以下はそのファイルのポイントを簡単にまとめました。

●不妊去勢手術は生後4か月に行うことを推奨(ここから猫の妊娠年齢が始まります)

●手術は虐待ではなく、愛情の証であることを飼い主に教育する

●すべてのレスキュー団体は手術をして里親に譲渡する

●一回妊娠させた後で手術をしたほうがよいという迷信を払しょくすること

●動物福祉団体、獣医協会、地域の住民や
住宅協会との共同でプログラムを推進し、
不妊去勢手術に積極的でない人たちに皆でアプローチすること

●獣医や動物福祉の各分野の専門家が、
職業上持っている知識・スキルや経験を活かして
サポートをすることが可能であることを知らせる

Justine Pannett
Senior Campaigns Manager
RSPCA



というような現状です。お求めになっていらっしゃる回答かどうかわかりませんが、
86%というのは結構いい数字に思えるのですが、いかがでしょう。

ところで
先日朝日新聞デジタル版で大きく取り上げられていました記事はすごい。

犬の殺処分ゼロを達成神奈川のセンター

素晴らしいですね。日本のこの場所からのスタートです。
必ずや全国に広がります。

犬猫を収容して処分する施設があったのだよと
昔話になる日が早くくればいいねといつかお話しいたしましたよね。
世界初の犬シェルターを設立したイギリスは
150年たってもまだシェルターが存在していることを
恥ずべきであると嘆きつつも、いつかなくなる日を目指す歩みを止めません。

悲しく辛いことが多い世界ですが、
どうぞまた「ヨーロッパを追い越してみせる」と元気を送ってください。

ノーマンテイラー邦子




スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR