30万人の「いいね!」

IMG_0568.jpg

前回の記事でご紹介いたしましたRSPCA ドッグ・ショーの発表です。


容姿で判断する通常のドッグショーでは永遠に「完璧ではない」犬、
私たちが考える美しさを競うRSPCAオンライン・ドッグショー
2014年の優勝犬、タイニーをご紹介します。

TINY_WINNERjpg-300x280.jpg


タイニーは台湾のストリートで発見されました。
発見当時の状態は悲惨なものでしたが、
愛情あふれる人たちのおかげで生まれ変わった
タイニーは世界中から30万の「いいね」を獲得しました。

タイニーは容姿で判断されることはなく
(そうはいってもかなりハンサムですが)
犬の幸せと福祉を祝福するコンテストの真の精神を表現してくれました。
(RSPCA BLOGより)


ここからはRSPCAの発表を受けたメール・オンラインの記事です。

赤くむけた皮膚、骨と皮だけの犬は台湾の通りに捨てられ、
死ぬのを待つだけであった。
収容所に引き取られたタイニーと呼ばれるロットワイラーは
数日の命だと見られていた。

しかし一人のイギリス人が彼をひきとりにいったのである。
マックコーマック氏はイギリスケント州出身で
台湾に移り住んで15年になる。
動物保護サンクチュアリーを作り、
犬猫や豚やウサギなどの動物だけでなく、
里親を見つけるのが難しい攻撃的な犬、目の見えない犬、
身体の不自由な犬を引き取っている。

「タイニーの状態は本当にひどかった。
犬種もわかりませんでした。
引き取る時に非常に攻撃的だと言われたのですが、
私たちのドッグ・ホームで一番の優しい犬です。

タイニーは生きることを諦めていたようです。
しかし獣医の助けもさることながら、
自然でハッピーな環境におき、
健康的な食餌できっと回復すると信じていました。
肉体的にも精神的にもみじめなだったあの状態に隠れていた犬が
こんなに素晴らしい犬だったのです」

30万人以上の人がRSPCAのフェイスブックにログインしてタイニーに投票した。

「本当にうれしかった。これを機会に世界中の人々に
レスキュー・センターの存在を思い起こしてもらいたいと思います。
タイニーのような悲惨な苦しみ終わらせるために殺さなければならない
すべてのレスキュー・センターの事を」

article-0-1C566A2200000578-609_306x423.jpg


article-0-1C566B2400000578-897_634x437.jpg

article-0-1C566ADE00000578-649_306x423.jpg

article-0-1C566AE200000578-169_634x830.jpg

タイニーもマックコーマック氏も実にハンサムではないですか!




スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR