不完全な完全さ

IMG_0581.jpg

イギリスのバーミンガムで開催されるクラフツは
ケンネル・クラブ主催の世界最大のドッグショーです。
しかし犬の健康を損ない、福祉に反するとBBC(英国国営放送)の番組で批判され、
種々のスポンサーが降りてしまいました。
BBCとケンネル・クラブの話し合いもうまくいかず、
今までクラフツの模様を放送していたBBCも2009年に中止しました。

イギリスの動物愛護団体は当然のことながら反対の立場をとっています。
RSPCAは3月に開催されたクラフツに対抗して
独自のドッグショーRuffs 2014をオンラインで開催しました。

RSPCA主催RUFFS2014
 

あなたの犬は最高に幸せですか?レスキューされて犬生が変わりましたか?
だったらぜひコンテストに応募してください。
RSPCAは鼻を不自然につめたり、(パグやブルドッグ)
しわだらけの皮膚を作ったり(バセットはウンド)など、生命のリスクを知りつつ
姿形を競う飼い主、そのために繁殖させるブリーダーたちに賞を与える
クラフツ・ショーを筆頭とするドッグショーには辟易しています。

ケンネル・クラブが規定した基準にあてはまるよう改良を繰り返した純血種の多くは
短命で不具合が多く、慢性疾患を持つ犬も少なくありません。

犬の健康や福祉の問題点など誰も気にとめていません。
もしケンネル・クラブが基準を変えればどれだけの多くの犬が健康で幸せになるでしょう。
ドッグショーの優先事項は犬の見かけではなく、犬の健康と幸せであると考えます。
ゆえに今年私たちはRSPCAオンライン・ドッグショー、ラフズを開くことにしました。

以下のカテゴリに沿ってエントリーしてください。
 
カテゴリ:
 
一番幸せな時

あなたの犬が一番幸せな時、満足して笑っている写真を送ってください。
犬が大好きなことをしているときの顔を見せてください。

1240213_163334040532853_395305064_n-150x150.jpg

私たちのオフィスのもっとも幸せな犬のウディをご参考に
 
不完全な完全さ

 人間の勝手な基準で決めたドッグショーでは永遠に「完璧」と評価されない、
しかしあなたの目には「完璧」に見える美しい犬の写真を送ってください。

Pudding-150x150.gif

前の飼い主に野生動物と闘わされ、顔が半分引き裂かれたが
RSPCAに救助されたプディングの写真をご参考に
 
犬生が変わったレスキュー犬

あなたがレスキューした犬のビフォーとアフターの写真を送ってください。
レスキュー犬が一番良い種類であるとみんなに示す心温まる変化を教えてください。

florence-150x150.gif


放置されたために前足をなくしたフローレンスが
今は幸せな新しい生活を送っている写真をご参考に


昔繁殖用純血種だったレスキュー犬

無用になった犬は捨てられるという事実を思いだしましょう。
昔繁殖犬で今は違う人生を楽しんでいる犬の写真を送ってください。

dotty-150x150.gif

仔犬を産まなくなった純血種の優しいドティは
悲惨な状態で捨てられているところを救助されました。

 
(RSPCAの)筆者も「完全な不完全」カテゴリーで私の犬を申し込みます。
アイビーは虐待を受けていました。
仔犬のころ顔をなぐられていたので、片目が小さくなり、
それが原因で白内障を引き起こしました。
(私は彼女にデビッド・バウイみたいでかっこいいと言い続けているので、
少しは気が楽になっていると思います)
神経もダメージを受けていて走るときにこウサギのように走ります。 
醜いといじめられていましたが、こんなに個性的で美しい犬はいません。

1524507_1456076667948589_815027228_o-300x270.jpg


姿形で犬を判断することは犬に対する多大なる虐待です。
3月5日からフェイス・ブックで投票を募り、
それぞれのカテゴリーで一番「いいね」をもらった犬を優勝とします。
 
BY バイオレット(RSPCA キャンペイナー)


RSPCA OFFICIAL BLOG

そして3月9日の締切までに30万の「いいね!」をもらった犬は次回にご紹介

神奈川県動物保護センターボランティア通信14号アップされました。
記事を書かせていただいております。登録ボランティア情報のところから
お入りください。

神奈川県動物保護センター



スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR