記憶の鍵を開ける救助された動物たち

IMG_0567.jpg

36人のお年よリが住む西ロンドンのエルギン・クロースのラウンジ。
スタンとオリーというテレビ俳優の名前がつけられた2匹の子猫が
お年よりたちの膝から膝へと飛び回っている。

「みんなが知っているテレビ俳優の名前をつけたのは
お年寄りたちが思い出してくれるかもしれないと思ったからです」
メイヒューのコーディネーター、アニー・ウォーカーは語る。

動物レスキューと福祉教育のパイオニアであるメイヒュー・アニマルホームは
コミュニティ・センターやケア・ホームなどお寄りのいるセンターを訪問するセラポー
(セラピーを犬猫の手をもじったもの)を60人以上のボランティアの協力で運営している。

彼らは国で初めてのアニマル・セラピー団体ではない。
1983年に動物を医療現場に活かす全国チャリティ・ペットが設立され、
スコットランドでは認知症患者を介助するように訓練された犬が働き始めている。
メイヒューのセラポーが他の団体と違うところははまず、捨てられた動物たちを救い、
今度は人を助けるために動物たちを送り込むのである。

「居住者の生活を豊かにするためです」とメイヒューのサラ・ディキンソン。
片方の目でスタンとオリーを追いかけ、
猫を見にきた9人の女性の居住者たちにも注意を払いながら語る。

「私たちが訪問するほとんどの方は認知症やアルツハイマーを患っています。
そういう方たちは大変孤独になりがちです。
エルギン・クロースのように広くて、プライバシーもあり、
明るく楽しいところでさえも鬱になりやすいのです。

しかし今この部屋がどれだけ生き生きとしているかお分かりになるでしょう。
皆さん、動物がやってくるのをとても楽しみにしてくれています。
患者さんはただ自分の部屋に座っていたり、
テレビの回りに集まってみているだけではないのです。
何か一緒に関わりたいと思っているのです。
動物がくると皆と会話が始まります。そしてその後も話題はつきず、
面会にきた家族にまでも楽しそうに話すのですよ」

動物は友情だけでなく、閉じ込められた記憶の鍵も開けてくれる。

「以前フェレッを連れて行ったときは男性が沢山見に来ました。
その中の一人が若いときにウサギを捕まえるときに
フェレットを使ったんだと嬉しそうに話してくれました」

テレビラウンジの近くに座っていたマギー・デイビス(82歳)は
もがく子猫を抱きかかえようとしていた。
彼女は6人の子供、26人の孫、12んのひ孫がいると私に3回教えてくれる。

ご主人と息子さんとお母さんの死のことを語るマギーに、
「この動物たちは家に生命を吹き込みますよね」と言うと
「そうよ」と顔を輝かせた。「動物じゃないのよ、この子たちは。子供なのよ」

最初に犬をレスキューし、次はホームの住人たちの記憶をレスキューするチャリティ団体の話である


5608014v1(1).jpg



5608016.jpg

The photographer Olivia Hemingway,

by CRAIG MCLEAN
independent UK



スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページはただいまサーバーの不具合で閉鎖中
少々お待ちください。
contact: alicetigger24★hotmail.com

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR