動物は一生愛を受ける権利がある

b6de07cd-f63c-4c6a-9fb8-e738ddf4b509_zps233dbcf0.jpg

いろいろな虐待を見てきたRSPCAのスタッフでさえも
胸をつまらせた監視カメラに映った映像があります。

RSPCAバーミンガム支所の門の前に銀のルノーが停まった。
ドアが開き、6ヶ月くらいのスタフォードシャー種の仔犬が押し出された。
走り出す車。その後を必死で追いかける子犬。

車はスピードをあげて走り去った。
混乱し、うろしている子犬がカメラにとらえられている。

幸運にも通りがかりの人によってRSPCAに連れてこられたが
車の運転手が仔犬の飼い主かどうか不明である。
ティンセルと名づけられた犬はセンターで保護され、新しい飼い主を募集中である。

「正直言って、この監視カメラの映像を見るのは非常に辛かったです。
不要になったからゴミのように捨てられて。
何が起こったのかわからないまま
走り去っていく車を懸命に追いかける仔犬」とマネージャーのエレーヌは語る。

「ペットを飼う人は世話をする法的義務があります。
これから10年、20年365日世話する時間と金銭的余裕があるかどうか
飼う前にきちんと考えなければなりません。'
捨てるということは言語道断です。ペットは最後まで責任を持つこと。
動物は一生愛を受ける権利があるのです」


1e00e568-faa3-4845-aea4-63432cef654e_zpsbb5e7955.jpg


その胸をかきむしられる映像はこちらに
MAIL ONLINE

しかし、生きる望みのない森林に捨てられたり、
檻に閉じ込められて虐待を受けたり、
高速道路にほおり投げられたりすることに比べると
RSPCAの前に捨てられるというのはまだましかと思いますが、
なぜ、中に入って相談しなかったのでしょうか。

しかもつながなきゃ、危ないでしょうがっ!



スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR