金をまきあげる芸術家

Picture 1426
Harry Potter Studio

イギリスのブリーダー

悪徳ブリーダーは装う。立派な責任ある有名なブリーダーの振りをする。
犠牲者にならないように気をつけなければならない。

犠牲者になるというのは具体的にはどういうことか。

ペット保険をかける場合、まず保険料が高い。もし遺伝子に問題があれば、
既往症ということで保険カバーの対象にならないのである。
愛するペットが終生苦しむのをただ見守るだけである。

無責任な悪徳ブリーダー、それに付随するペットショップが販売する犬は
健康や行動に問題のある犬が多い。ペットショップの多くは残酷な仔犬農場から卸す。
ペット・ショップから仔犬を買うことは悪徳ブリーダー産業に資金を流している事に気がつかないか。

悪徳ブリーダーの常套手段は偽の血統書を出すことである。これで値段をつりあげる。
彼らは金をまきあげる芸術家である。書類の操作など朝飯前だ。

犬をシェルターからもらう人は少なすぎる。仔犬を買う人は多すぎる。
売れるから殖やすのだ。
そうやってあまっていく犬がイギリスとアメリカだけで年間400万匹殺戮処分される。

レスキュー犬をもらえば命を救うことができる。
ショップやブリーダーから買うということは、
すでに頭数過剰のため膨大な数の犬が殺戮されている
その数に上塗りをしていくことになる。

犬を飼おうと思ったときに、そこを考えたことがあるだろうか。
命を救うか、殺戮に加担するか。

みんな学習しない。輪の中をぐるぐるまわって
シェルターの罪のない動物たちを殺戮に間接的に殺している。
実感がないであろうが。

もしあなたが、どうしてもどうしても
保健所、シェルター、レスキューセンターから
罪もない捨てられた犬をひきとれないのなら、
とにかく悪徳ブリーダーは避けなさい。これはあなたのためである。

ブリーダーの中には真摯なブリーダーもいる。

以下はまっとうなブリーダーを見分けるガイドラインである。

●母犬が妊娠する前からひきとり家庭が決まっている。順番待ちの状態である。
ゆえに広告を出す必要はまったくない。

●健康上の理由により母犬を何度も妊娠させない

●両親犬の遺伝子チェック、家族の既往歴などの必須チェックを怠らない。
あなたは証明書を要求すること。
もし必要なチェックを網羅しているブリーダーであれば、喜んで提供してくれるはずである。

●犬種による検診を行う。これも証明書を求める。
あなた自身も特定の犬種に対してどんなチェックが行われるか調べる。
相手の言う事を鵜呑みにしない。

●仔犬の入念な健康診断、、マイクロチップ、予防接種。この証明書も求める。

●乳離れのできていない時期は絶対母親から離さない。8週以前は早すぎる。
のちの問題行動につながる。里親になる家庭は厳しく審査され、
家も訪問される。譲渡後はサポートを惜しみなく、犬の成長具合もチェックする。
必要であればどの時点でも犬をひきとることを厭わない。

●シェルターで過剰気味になっている犬種は繁殖させない。

●ケンネルクラブに推奨されているメンバーであること。
その証明も書面で求める。

●最初の年はペット保険をつける。

●母犬を必ずそばで見ること。健康であり、いきいきしているかどうか。

責任あるブリーダーは金もうけより、犬への愛情が優先する。
何か問題があったら懸命に解決しようとするその姿勢は
金の問題であるかどうか見てとれるはずである。

しかし悪徳ブリーダーは金だけが目当てなので、乱雑で細かいことは嫌がり、
新しい飼い主に罪のない仔犬を問題とともに押し付けるだけである。

Animal Rights Action

「救った犬があなたをみつめるそのまなざしがあなたの魂の姿である」と言うじゃありませんか。



スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR