Share The World

clip_image001.gif


子牛がいなくなった母牛はどんなふうに感じるでしょう。

人間を含むすべての動物は自分の子供を探すためだったらどんな事でもするのではないでしょうか。

牛のブラッキーはマーケットで売られ、子牛と引き離されてしまいました。
ベッキーは気が狂ったように子供を呼び続けました。でももう遅いのです、
子供は別の農家へ売られてしまったのです。もう二度と母子は会うことはありません。
ブラッキーの心臓は張り裂けそうになりました。

しかし彼女はあきらめませんでした。
その夜柵を越え農場を抜け出し、原を横切り、
6マイル離れた茂みの間から子供を捜しあてました。

母牛はどうやって子牛を見つけたのでしょう。そこの農場へ行ったことがありません。
母牛の内なるものがその夜子供のもとへ導いたのです。
事情がわかった牧畜主は感動し、その子牛も一緒に飼うことにしました。

ディスカッション・ポイント

● もしあなたがお母さんと永遠に引き離されたらどのように思うでしょうか
● ブラッキーはどうして子供の居場所がわかったのだと思いますか
● 子牛は母親の元に戻れたとき、どう思ったと思いますか

The Golden Rule/黄金律

自分がして欲しいと思うことを他者にしてあげなさい。
自分が嫌だと思うことを他者にしない。

他者の立場になって、自分がそうだったらと想像を働かせてみてください。
いやだなあとか不幸せだと感じたら、他人もそう思っているのです。
これは人間だけでなく動物にもあてはまることです。

次にあげる3つの状況に置かれた動物が感じることを想像してみてください。

1. とても寒い夜、暖かい家の中に迎え入れられた犬
2. 子供を乗せて一日サークルをぐるぐる回るポニー
3. 母牛と離された子牛

下の3つの状況を黄金律を頭に入れ考えてください。

1.サーカスで熊が自転車に乗ってぐるぐる回らされている。日陰もなく、非常に暑い日である

a) これはどうして黄金律に反するのでしょうか?
b)  それに対して何ができますか?

2.鳥が歩道にうずくまっている。羽を痛めたようだ。人は誰も注意をむけず、通りすぎていく。

a) これはどうして黄金律に反するのでしょうか?
b) ではどうすればよいのでしょうか。?

3.学校に行く途中、犬が短い鎖でつながれ、水も餌もない。

a) これがどうして黄金律に反するのでしょうか?
b) あなたは何ができますか?

Three Wishes

さて、ここでもっと想像をふくらませてみましょう。人間と動物が地球で共生していくために、
よりよい世界にするためには3つ願いごとをしてもいいといわれたら、何をお願いしますか?

Wish 1
Wish 2
Wish 3


PETAの Share The World からの抜粋です。
イギリスの小学校のカリキュラムに合わせて作っている教材です。
たくさんありますのでダウンロードしてお使いください。

Share The World

私のウィッシュリストは??なんて考えた人、ノーノーですよ。
大人は Make It Happen (実現させる)リストを考えるのですよ。

サイトのご紹介は次回に


スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR