悲しそうに掃除をする

DSC_1438.jpg


バタシー・ホーム発行のレスキュー犬を迎えるガイドブックの続きです。

トイレ・トレーニング

犬は基本的に清潔好きな動物である。
他の動物のウンチを体にこすりつけるというような行為も見られるが、
通常は自分の寝床の周りでは用を足さない。
しかし、レスキュー・センターで長い間生活すると、
環境の変化により排泄のパターンが崩れることがある。

最初は二時間おきに庭か外に連れ出す。
うまくいけばこれだけで矯正できるかもしれない。

だめな場合は以下を参考

犬がトイレに行きたくなる時を察知する。食後、起床後、遊んだ後、
エキサイティングなイベントの後、(たとえば子供たちが学校から帰ってきたあと)
たいていの犬は何らかのサインを示すものだ。
臭いをかいだり、ぐるぐる回ったり、しゃがんだり。

そこをキャッチして、すぐ庭に連れ出すか、トイレと決めた場所に連れていき、
用を足し終えるまで待っていて、ほめまくる。おやつを与える。
遊んでやるなどの褒美を用意しておく。

四六時中見張っておくわけにはいかない場合もあるだろう。
そのときは失敗してもかまわない場所を作っておいてやる。

失敗しても怒らない。失敗を許す余裕を持つこと。仕方のないことである。
トイレの最中や後で怒っても、悪いことをしているとわからせるのは難しい。
ただ恐怖に陥れるだけである。怖いから犬は飼い主にウンチやおしっこを隠そうとする。
ソファの下などの隠れた場所にしたり、あるいは食べたりして証拠を消そうとする。

こうなるとトレーニングはほぼ不可能になる。
飼い主がよく言う「この犬は悪いことをしたと知っている」とか
「罪の意識を感じている様子だ」という表現はまったくの見当違いである。
犬はただ飼い主の突然の理不尽な怒りの表現を見て恐怖と心配を示しているだけである。

猫と長く生活している私にとってこの犬のトイレ・トレーニングはかなりのストレスでした。
どうして怒られているのかわからず、混乱している犬の気持も不憫でしたが、
どこをどうやって教えていいかわからない私もすごいフラストレーションでした。
失敗しなくなったと思ったら、ある日また逆戻り。

その中で、「悲しそうにお漏らしの場所をふく」という友人からの秘伝が
かなり効果的でした。柱の陰から申し訳なさそうに見ていた犬。

長くかかりましたが、ある日ぴったり完璧にわかってくれた時には、
水の概念がわかったヘレンケラーを抱きしめるサリバン先生のように
犬を抱きしめる私でした!

スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR