こんなに心温まる理由を聞いたことがない

DSC_1413.jpg


どうして犬は私たちより先に地球を去るのか -獣医の話し

10歳のアイリッシュ・ウルフハウンドのベルカーが診察にやってきた。
飼い主のロン、妻のリサ、そして少年のショーン。
みんな家族の一員であるベルカーの奇跡の回復を願っていた。

ベルカーはガンで死にかけている。家族にはこれ以上何もできない事を告げ、
明日家で年取った犬を見送るようにすすめた。
両親はショーンも立ち会ったほうが良いのではないかと聞いた。
その経験から何か学ぶことがあるのではないかと思ったからである。

次の日私は彼らの家へむかった。あの悲しみでの喉がつまる思いを胸に抱えて。
みんなベルカーの周りをとりかこんでいた。ショーンは静かに老犬を撫でていた。
少年は何が起こっているのかわかっているのだろうか。
ベルカーは数分後、天国へ旅立った。ショーンは困難も混乱もなく、ベルカーの移行を受け入れていた。

ベルカーを見送った後、私たちは、動物は人間より短い寿命だという悲しい事実について長い間話していた。
それまで黙って聞いていたショーンは突然言った。「僕はどうしてかわかるよ」

だれもがびっくりしてショーンのほうを見た。
次に彼の口から出た言葉には驚かされた。
こんなに心温まる理由を聞いたことがない。
長年生きてきた大人たちの人生観を変える。

「人間は良い人間になるために、たとえば人を愛したり、
優しくしたりするためにはどうしたらよいのか学ぶために生まれてきたんだよね」

少年は続けた。

「犬はもうどうやってすればよいかを知っているから、人間のように長く居なくてもいいんだよ」


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久し振りです。
ショーン君の言葉に涙が出ました・・・

昨日、下記添付のニュースを目にしました。愕然としました。事実なのでしょうか・・・?

http://buzzap.jp/news/20130408-peta/

Re: タイトルなし

理恵さん、こんにちは!

私のブログでご紹介しようとしたのか、はっきりしないからやめたのか覚えていませんが、PETAのその評判は聞いております。担当者は「無理だ」と逆切れしたそうです。有名人を使ったキャンp-ペンなどで忙しく、初心を忘れていくのでしょう。

イギリスのRSPCAも裁判に持ち込むので忙しく、初心を忘れ、犬猫の殺戮処分が多いという批判を受けています。それだけではありませんが、もうひとつ理由があってRSPCAの寄付をやめております。愛護団体が挙動不審になると、応援をやめます。理由もそえて。

邦子さん、お返事有難うございます。
団体が大きくなると、色々と大変なのかも知れませんが、一番大切な所は初心を貫いて欲しいですね。本当に信頼出来る団体を支持して行きたいですもんね・・・・・
私も、活動報告等を読んで、納得しながら、寄付等を検討する事にしています。

Re: タイトルなし

理恵さん

私もだらけているようでしたら、活を入れてくださいね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
いつも鋭く深いご洞察、はっとさせられます。

「無理だ」とさじを投げないでと願います。
内部側からの大改革、ぜひ行って欲しいです。

おひさしぶりです

胸が熱くなりました。犬は生まれながらに愛されるすべを知っている 愛する術を知っている。

はじめまして

はじめまして!
ショーン君の言葉に心を打たれました。少年のショーン君には、多くの大人が気付いていないことがちゃんとわかっているんですね。

戦争、暴力、いじめ、虐待…人間は学ぶべきことが多いですが、動物たちの魂は純粋で美しく、いつも変わらず優しい。

震災の被災動物の後方支援ブログをやっています。転載させていただきたいと思います。

以前、カーディフに2年住んでいたことがあり、ロンドンにも5回ほど遊びに行ったことがあります。とても素敵な思い出です。

Re: はじめまして

ももこひめさん

コメントありがとうございます。
素敵なブログにご紹介してくださって嬉しいです。
イギリスにお住まいだったのですね。
今は一年で一番美しい季節になりました。

Re: おひさしぶりです

ワンワンオーナーさん
お久しぶりです。お元気でお過ごしですか?
コメントありがとうございます。
動物は邪悪な心がありません。
生まれたときからすでに清い魂を持ってきているのですよね。
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページはただいまサーバーの不具合で閉鎖中
少々お待ちください。
contact: alicetigger24★hotmail.com

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR