素性なぞ知らなくてもよろしい

Picture 1381


レスキューセンターは動物の過去をできるだけ知らせるところとまったく知らせないところがある。
メイヒューホームは涙をそそる過去を紹介し、里親の母心ををかきむしる。
バタシー・ホームは明かさない。
釣り広告には彼らがこれからの人生においてどんな環境が必要かを掲載する。
どちらが良いのかわからない。それぞれのレスキュー・センターのポリシーである。
以下はバタシー・ホームのガイドブックであるが、彼らが何故素性を明らかにしないか理由がみてとれる。

計画通りに事を運ぶためのスタート

バタシー犬の多くはその過去がわからない。
街でうろついて保護されている犬が大半を占めているからである。

しかし、過去のでき事を想像しては、それにひきずられてしまい、
犬の行動をそのせいにしたり、偏見を持ったりしやすい。この犬は今はあなたの犬である。
この犬の将来はあなたの手の中にある。
この犬は真っ白な紙であり、ここに何を書くかにより、この犬との関係が決まってくる。

レスキュー・センター逗留のため、気管支炎などにかかっていれば、
もちろん注意とケアが必要であるが、甘やかしたいといという誘惑に打ち勝たねばならない。
今甘やかすと、のちのちも同じ扱いをしろと犬は要求する。
そしてこれはいろいろな問題行動の種となる.のだ。

そこで基本的な家庭のルールを作り、第一日目から厳守する。
犬の幸せは、決まったことをし、してはいけないこと、していいことを知って、
境界線をはっきり知ることなのである。悪い行動というのはたいてい混乱からきている。
ある日お父さんがソファの上に座らせる。次の日、お母さんがそれを見て怒る。
過去に悲しい思いをしてきただろうからと、最初の数週間は甘やかし、
後から厳しくしつけるというのは犬がかわいそうである。
優しく公正にしかし甘やかさない事が犬にとって必要な安定なのである。

飼い主の中には善意から出ているものであるが、
犬がくるというので会社を1,2週間休暇をとる人がいる。
これで犬は飼い主が四六時中一緒にいると思いこみ、通常の生活に戻ったとき、
孤独に耐えられなくなった言うがウンチをしたり、ものをかじったりする。
こういった事態を避けるために、連れてきた日から、
各家庭の決まりのスケジュールに従って行動する。

続く

私もそうですが、人情的に保護犬は今までの分を取り返すべく、甘やかしてしまいがちですね。
しかし動物のプロの人たちの距離のとりかたは、KIND AND FAIR BUT FIRMです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かの有名なDog Whispererこと、Cesar Millanがよくそう言っていましたね。
この人のやり方には賛否両論ありますが、犬の躾、特に更生が必要な犬の躾に、「情けは犬の為ならず」と言っていたと思います。
はっきりとは覚えていませんが、可哀想な過去を思い保護することはいいことだが、その後は現在と未来しかないと思って甘やかすなかれ。
甘やかすことと愛情をかけることは別だから、と。

あれ? これは犬の躾だけじゃないよね…?

Re: タイトルなし

NTLさん

現在と未来しかない。本当にその通りですね。
私は結構過去にひきずられる甘やかしタイプなので
レスキュー・センターの毅然とした態度がありがたいです。

子供には厳しかったんだけどなあ。。(笑)

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR