犬の抱える問題

Picture 1363


シャギードッグ・ストーリー 

ロイ・ハタスリーとダイナの場合
(スタフォードシャー・ブルテリアとラブラドールの雑種)

バスターの先代はたくさんいたが、最も近くはスタフオードシャーブルテリアと
ラブラドールの雑種で、私が17のときから30歳になるまで飼っていたダイナである。
当時私は議員になるべくロンドンに住んでいたため、ダイナは母と一緒にシェフィールドに残った。

ダイナが死んだとき、私は叩きのめされた。完全に叩きのめされた。
母から電話でダイナが危ないと聞き、急いで戻ってきたが、もう埋葬されていた。

バスターは12歳だが、永遠に生きるわけはないという事実にもうじき直面しなければならない。
ああ、それが犬の抱える問題だ。バスターが死ぬことは私の人生において起こりうる最悪のことであろう。
犬は人間と同じくらいの寿命を持っているべきだとつくづく思う。

下の記事ももしよろしかったらご覧になってください。
写真は2年前と同じ場所から撮影しました。

バスターが死んだんだぞ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページはただいまサーバーの不具合で閉鎖中
少々お待ちください。
contact: alicetigger24★hotmail.com

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR